世界の屋根ヒマラヤが幾重にも連なる奥深い場所には、チベット医学でも珍重される薬草の花から蜜を集めるミツバチが生息している。 ミツバチは天敵から巣を守るため、断崖絶壁に直径1mを超える巨大な巣をいくつも作る。

伝統的な道具のみを使い、ヒマラヤの恵みを採取する

薬草となる花が咲き出す3月、ミツバチは活発に動き回り、休む時間を惜しんでハチミツ採りに明け暮れる。 ミツバチが集めるハチミツは栄養価の高い薬草ばかり。 その栄養が凝縮されたハチミツはヒマラヤの民にとって、最も高価な恵みなのだ。
5月中旬~6月にかけて、薬草成分が非常に濃いハチミツを採取する


ハチミツは誰もが採取できるものではない。 村の共有な財産のため、村人で話し合いがもたれ採取する人【ハニーハンター】たちが決まるという。 選ばれたハニーハンターたちは互いの役割を忠実に守り、果敢にミツバチに挑むのである。

断崖絶壁にへばり付くミツバチの巣。勇敢なハニーハンターは竹で作られた梯子を使って採取したり、弦を捩って作られた梯子を体に縛り、崖にぶら下がった状態で数時間にわたって採取する。 何万匹というミツバチが一斉に襲い掛かってきても、その恐怖にひるまず、ハチミツ採りに挑むのだ。

ミツバチとの格闘の末、1つの巣からはおよそ20Lのハチミツが採れるという。 村人全員でヒマラヤの恵みを共有する。

 

ハチの巣の4分の1サイズを持つ

ヒマラヤのハチミツは醤油色をした、サラサラとしている!

通常、ハチミツと言えば黄色いドロッとしたモノを想像する。 ヒマラヤの断崖絶壁で採取したハチミツは醤油の様な黒色をしていて、すぐに見分けがつく。 スプーンですくってみると、とろみは殆ど無く、すぐに垂れてしまうのが特徴だ。

 

断崖絶壁の巣から採れた薬草成分が高いハチミツ

養蜂箱で作られたヒマラヤのハチミツ

 長年の生活の中から、ヒマラヤの民は貴重なハチミツを薬として飲用してきた。 医者のいないヒマラヤの中ではこのハチミツを食することで、病気を治し、病気になりにくい体づくりに使用してきたのである。 そのため、一度に摂取する量は、特に注意しているという。 その量は1日あたり、小さじ1杯だけである。  効能が強いため、酔っぱらってしまうと誰もが口をそろえて言う。

こんな貴重なハチミツが、カトマンズ市内で手に入るようになった。 数量には限りがあるが、大変貴重で薬草成分が濃いヒマラヤハニーを是非お土産にしてはどうだろうか?

養蜂箱で採取されたハチミツに比べ、甘みが少ない
ハチの巣から取り出された高価なプロポリスも売られている
ハチミツよりもっと貴重な酸味が特徴なプロポリスを頂く

 サパナでは2019年の5月、ミツバチの巣がある村人の協力で、ヒマラヤハニーハントの様子を見に行く予定。 採取されたヒマラヤハニーをその場で購入します。 ご興味ある方はお早めにご連絡ください。 077-534-5469 担当 浅原