【ヒマラヤに咲く可憐な妖精シリーズ】

 

今回紹介するのは妖精は、草むらの中で大輪の花を咲かせるユリ科の花。
ヒマラヤの中間山地の草地や疎林の茂みの中で、草と同色系の大きな花を咲かせる。
保護色で目立ちにくいので、視覚にこの花が突然入ってくると驚くことも。

日本のユリとそっくり。

ヒマラヤの民はこのユリの根っこが好物。香辛料をたっぷり利かせて油で炒めていただくのだ。 また、この妖精も薬草として重宝されている。

 

 

 

 

 

生い茂った草むらの中で育つことが多いので、どの妖精も背丈は1mほどに成長する。 一本の茎から分枝していくつものつぼみをつけ、花は10㎝~15㎝と大きい。

何年かに一度であるが、赤い花弁をしたモノを見かけることが。 どのような理由でこのような色になったか不明。
7月中頃が一番の見頃

No.21
花名:リリウム・ネパレンセ
ユリ科 ユリ属

見つけ易さ:★★★

・数百種のヒマラヤの妖精に出会えるトレッキング ➡ http://sapanatrek.com/flower