【ヒマラヤに咲く可憐な妖精シリーズ】

今回紹介するのは妖精は、高山帯の草地で赤と白の鮮やかなツートンカラーで魅了するゴマノハグサ科の花。

標高5000m近い場所の背丈の低い草地に散生してほほ笑む。 ゴマノハグサ科(ヨツバシオガマ)の中でももっとも標高の高い場所を好み、赤と白のツートンカラーで他の花を圧倒する美しさで咲いている。

背丈は15cmほど。1㎝ほどの花が集まって、5㎝ほどの花序を作っている。 日本のヨツバシオガマと同じような葉をつけ、茎と同様に赤紫色をしている。

シオガマの種類は5弁ある花の花びらで分類するが、この種は花弁の船形弁がねじれているたいタイプである。

花期は7月中頃~8月にかけてだが、お勧めは7月下旬

No.23
花名:ペディクラリス・ケイランティフォリア・ネパレンシス
ゴマノハグサ科  シオガマギク属
見つけ易さ:★★

・数百種のヒマラヤの妖精に出会えるトレッキング ➡ http://sapanatrek.com/flower