【ヒマラヤに咲く可憐な妖精シリーズ】

今回紹介する妖精は、中間山地の草地で散生する、目が覚めるような紫色をしたキンポウゲ科の花。

 

妖精の写真はカトマンズの北40㎞にあるランタン渓谷で撮影したもので、参考にしている図鑑にはランタン渓谷でみられると記載されている。

チベット南部では同種が沢山見られるので、この地に棲む山岳民族の交易等によって種子が運ばれ、ランタン渓谷で育ったと思われる。

比較的乾燥した土壌の草地で生育し、背丈は50cmほどに成長。非常に鮮やかな青い色で枝先に3㎝ほどの花をいくつかつける。花の大きさとほぼ同じ長さの距(キョ)があるのが特徴

キンポウゲ科の花のため、家畜であるヤク(高地牛)も食べず、他の花と一緒に美しく彩を放つ。

No.26
花名:デルフィニウム カマオネンセ
キンポウゲ科  オオヒエンソウ属
見つけ易さ:★★

・数百種のヒマラヤの妖精に出会えるトレッキング ➡ http://sapanatrek.com/flower