【ヒマラヤに咲く可憐な妖精シリーズ】

今回紹介するのは妖精は、亜高山帯のカルカ(石垣で囲まれた畑)や草地で大群落を作る真っ白なキンポウゲ科の花。

3000m前後のトレッキング道の脇で少しずつ見られ、4000m前後の畑の中で大群落を作る。 特にランタン渓谷では家畜の糞が肥やしになって見事に咲きほこる。 この妖精が見られるのは前年、畑作が行われていない証拠でもある。 ヤクはこの花を食べないので、長期間にわたり見ることができる。

通常は5弁であるが、8弁の妖精も見られる。

ひとつの株からいくつもの枝が延び、その先に4㎝ほどの花をつける。株の大きさは40cm程度に成長。

アネモネが咲き終わる頃には、シソ科やサクラソウ科の妖精が大群落を作る。

No.27
花名:アネモネ リヴラリス
キンポウゲ科  イチリンソウ属
見つけ易さ:★★

・数百種のヒマラヤの妖精に出会えるトレッキング ➡ http://sapanatrek.com/flower