【ヒマラヤに咲く可憐な妖精シリーズ】

今回紹介する妖精は亜高山帯の疎林や岩礫地などで見られ、幻の花ブルーポピーと同属で大輪の花をたくさんつけて大きく成長するケシ科の花。

 

ネパール中部地域では標高3000mを超えるあたりから見られ、背丈は130cm~200cmほどに成長。 同系の種である黄色のメコノプシス・パニクラタと一緒に大群落を形成することもある。

20~40個ほどの花を一度に咲かせる

花弁の数は4枚。枝分かれした先に直径7㎝ほどの大きな花を咲かせる。 メコノプシス・ナパウレンシスは時に白色の花を咲かせることも。 群生した場所には薄いピンク色をした個体を見かけることも多い。

真っ白の花を咲かせることもある

アンナプルナ山系では黄色のパニクラタ同様に、ナパウレンシスを沢山見ることができる。

No.32
花名:メコノプシス ナパウレンシス
ケシ科  メコノプシス属
見つけ易さ:★★★

・数百種のヒマラヤの妖精に出会えるトレッキング ➡ http://sapanatrek.com/flower