【1年でもっと美しく輝く夏のヒマラヤ】

春の登山シーズンを終え、山から人々の姿が消える6月~9月。 ヒマラヤ上空にはインドから流れ込む温かい風によって厚い雲が立ち込め、たくさんの雨と雪を降らせる時期だ。 特に7000m~8000m峰のヒマラヤ南山麓では、草木が一斉に芽を出し、短い夏に様々な妖精が微笑み、最もヒマラヤが美しく輝く時期となる。

 

雲上に行くので、いつも青い空のキャンバスに雪を沢山被ったヒマラヤが輝いている!

この時期になるとチベット医学を学んだ僧(アムジ)が良質の薬草を求め、ヒマラヤの4000m以上に出現する天空のお花畑を巡り歩くのだ。彼らが採取した薬草からは、チベット医学で必要な薬(丸薬)が作られ、今でもヒマラヤ山岳民族の間で珍重される効果がある薬ばかりだ。

アムジによって偶然見つかった天空の花園では、毎年250種を超える妖精が微笑んでいる。

日本では見ることのできないいろんな妖精がほほ笑む天空の花園へ訪れ、至福の時間を体験しててみてはどうでしょうか?

もっとも多くの妖精に出会えるのは7月後半ごろ。 トレッキング道に沿って妖精を探すのではなく、トレッキング道を逸れた先に、思いがけない妖精に出会えることが多いので、日本人ガイドがご案内! このトレッキングでは300種以上の妖精に出会えることも決して珍しくはない。 オリジナルの妖精図鑑を片手に、ヒマラヤの妖精を追いかけてみてはいかがでしょう?

もちろん、本物のブルーポピーに出会うことができ、あなたが見てみたい可憐な妖精をとことん追い求めることができます!

ご興味ある方は下記までご連絡ください。


2019年お勧めトレッキング:

  • 世界一美しい渓谷ランタン・300種を超える妖精とブルーポピーを鑑賞
  • 薬草採りが偶然に見つけた天空の花園でブルーポピーを鑑賞

※ 現地の宿泊場所の関係上、少人数での催行となります。 女性登山者に好評なトレッキング!

077-534-5469 または info@sapanatrek.com

ヒマラヤトレッキング・登山専門 サパナ    ヒマラヤガイド 浅原