ヒマラヤトレッキング専門  女性とご年長者と歩き続けたサパナは手厚いフォローとやさしさで大きな満足をいただいています

SAPANA’S GUIDE

サパナの歩き方~旅の情報収集

ヒマラヤの民の心に宿る精霊イエティー

『ヒューヒュー』と口笛に似た音で人々を怖がらせるイエティー

エベレスト登山で賑わうネパール北東地域、国内線を使えば30分ほどの距離である。 この地域はクーンブと呼ばれイエティー(雪男)伝説を強く信じる民が今も多く暮らしている。

特に、周り6000m峰に囲まれた中にあるナムチェバザール(3400m)から西のターメ地区一帯、そしてクムジュンやゴーキョ街道にかけてはイエティーの声を聴いたことがあるという民が沢山いるのには驚く。

3900mにあるパンボチェ村の寺院にはイエティーの頭部と語り継がれるモノが大切に祀られ、お布施を払えば、実物を見せてくれる。
 
中でもターモ村周辺のロッジではイエティーの目撃証言や声など、イエティーについての情報が多い。
事の真相は分からなくても、このような話が今も残る場所を歩けることが何よりも最大な魅力の一つではなかろうか? 

イエティだけではない! ミッティ、チュッティーというモノもいるらしい!

雪男やビッグフットとして呼ばれ、未だ真相がわからないイエティー。

実はヒマラヤの民の中にはイエティ以外にミッティ、チュッティーという仲間がいるらしい。

この地に暮らす人々に尋ねると・・・
いろんな声があることが分かる。彼らの声をまとめると、イエティーと同じヒマラヤに棲む神様であり、時として人間や家畜を襲うとのこと。常に人の近づけない険しい山の上から民を見下ろしている。ヒューヒューという音が聞こえた時にはイエティーをはじめチュッティ、ミッティは人間の背後に忍び寄り、目が合った時には・・・ その人間は消えてしまうという。