国民ひとり1人がみんな幸せ! とメディアでも紹介されるヒマラヤの小国ブータン。 日本と同じ仏教国で、王様とお姫様が美男美女で有名である。 また切手収集家にとっては以前からとても有名な国。

下校時に出会った学生から突然の挨拶にびっくり

中国とインドに挟まれるようにヒマラヤの懐に収まるブータン。 ずっと昔から鎖国状態を続けてきたため、ブータンに根付いた仏教をベースとした、古き良き伝統が今でも国中至る所に色濃く残っている。 だから一度この国に訪れると、何気なにいことでも随所で心温まる体験があり、常に心が満たされてしまう。 そんな思いを何度も感じながら一日を過ごすことになる。

ヒマラヤ上空を飛び、険しい山と山の間を滑るようにしてブータン空港へ

そんなブータンに行くには・・・

経由地であるバンコク、カルカッタ(インド)、カトマンズ(ネパール)からが一般的だ。 サパナでは参加される方にとことんヒマラヤの魅力と一緒にを楽しんでもらいたいので、カトマンズ経由を強くお勧めする!


ブータンの入り口パロ空港 伝統的様式の建物でお出迎え

エベレストをはじめとした6つの8000m峰を真横に見ながら、無数の神々の座の上を越えていくフライトがカトマンズ ー パロ航路。 ヒマラヤの上空を抜けて空港に降り立った瞬間、懐かしき日本の田舎風景が目の前に飛び込んでくる。

ブータンの魅力は・・・

遠望のヒマラヤとその麓に広がる風景!と言いたいところだが、ヒマラヤの景色を一瞬に忘れさせてしまうほどの笑顔溢れる素朴なブータン人の心の温かさではないだろうか。 私たちにそっくりな表情をしたブータン人。胸の前で手を合わせて挨拶されると、私たちの心が急に温まる。 ブータンのどこへ足を運んでも、魔法にかかのったような同じ感覚に浸る。

安心して旅を思う存分楽しんでいただけるよう、ヒマラヤ専門ガイドの浅原がガイドします!

競争社会の中で、心が擦り減るように生活する私たち。 擦り減った心を癒そうと見知らぬ場所で、可能な限りリフレッシュしようとする私たち。 享受の精神を強く持ち続け、人を助けることを惜しまないブータン人の振る舞いを間近で体験すると、自身が昔に体験して記憶の中に置き忘れてきてしまった何かを大切に教えてくれる感じになる。

ヨーロッパや急激な発展を遂げるアジア諸国の様にモノが街中に溢れているとは言えない。 ここには親から子へと何世代も大切に守り続けられてきた良き仏教文化が今も脈々とブータン人の中に生きている。 この国全体にかかった魔法の中を旅行してみてはいかがだろうか? 自身の再発見ができるのでは?

 

サパナではブータンにある代理店と提携し、ブータン旅行に必要な事前なビザ取得や航空券をスムーズに。

お客様のご希望で日本人ガイドが同行することも可能です!  晴天が続き、ヒマラヤが遠望できる10月に訪れるプランお勧めします!

お問い合わせ:

ヒマラヤトレッキング・登山専門 サパナ

077-534-5469  info@sapanatrek.com   滋賀県大津市石山寺辺町221-8