キャンジンゴンパから往路と同じ道を下り、ラマホテルまでトレック。
 
深い霧の朝
 
朝、オーナーが経を唱える声で目が覚めた。
6時過ぎキッチンボーイが部屋の扉をたたきながら熱い紅茶を配ってくれた。
コップに注がれた紅茶をもらい天気をうかがいに外に出ると、今朝は深い霧に包まれていた。
 
 
隣のロッジも良く見えない。まったく視界の利かない状態で、昨日まで見えていたヒマラヤがうそのように思えた。 今度は洗面用のお湯が配られ、少し水で冷まして使用した。 
7時前に朝食の用意が出来たとのことで、ダイニングへ移動した。
 
 
キッチンボーイが温かいコンソメスープとチベタンブレッドと目玉焼きが置かれたお皿を一緒に運んできた。その後にヌードルスープが運ばれた。
 
熱いお茶も一緒に配れ、朝食をいただいた。一向に外の天気は回復しない。

朝食がほぼ食べ終わるのをみて、ガイドが今日の行程について簡単に説明をした。『天候が悪いですが、まだ雨は降らないでしょう、念のため雨具を一緒に入れていきますが、お昼まで持つと思いますよ』と。
私たちは雨の中を歩いても大丈夫な格好でロッジ前に集まった。

 
霧の中を元気よく出発
 
先ずは2時間先のランタン村までお花の道を抜けて歩いた。帰りの道もゆっくりとお花を楽しめるので、マイペースで歩いた。
U字谷を覆っていた濃い霧も少しずつ高度を下げていくと、晴れてきた。
 
 
いつの間にか霧もすっかり消え、いつものランタン谷を見ることができた。花の写真を夢中になって撮りながらゆっくり歩いていると、下から登ってきた登山者に気づかないこともあり、声をかけられてびっくりする。
予定通り2時間過ぎにランタン村に到着。来る際に泊まったロッジに立ち寄って休憩
 
 
オーナーより温かいお茶を頂き、椅子に座って会話を愉しんだ。
休憩も終わり再び出発。はるか前方には軍の駐屯地とゴラタベラのロッジが点のように見えている。急いで下りているわけではないが、遠くに見えていたゴラタベラもあっという間についてしまう。
 
出発時、先を歩いていったポーターが山椒の木のところで、再び山椒を沢山取っていた。余った買い物袋を彼らに渡したら、その袋がすぐに満杯なったのでもう一枚買い物袋をあげた。
 
ゴラタベラに到着
 
行きに寄ったゴラタベラに到着。すでにコックやキッチンボーイが昼食の準備していた。ガイドに案内されロッジの中へ入り、オーナーの出迎えを受けた。
 
 
キッチンボーイが熱いコーヒーを私たちに配ってくれた。その後、食事の前の手洗い用のお湯をロッジの外に用意し、再びキッチンへ走っていく。
彼らが食事を作っているキッチンはロッジの横に建てられた場所。ゆっくりコーヒーを飲みながら外の花園を見ていた。
 
 
わかめ入りのお味噌汁と手巻き寿司に焼きそば、ホウレンソウのおひたしにハムの炒めたものが出てきた。『ヒマラヤで手巻き寿司を食べられるなんて』とびっくりした。デザートにバナナを食べ、ゆっくりとした1時間の昼食だった。
 
 
外は未だ雨は降っていないが雲が沢山谷を覆ってきていた。 折りたたみ傘を出して、準備を整えて出発を待つ。
食器が片付けられ、水筒にお湯が配れてから出発になった。午前と同様樹林帯に入るまでは、背丈の小さいお花を見ながらトレッキング。来た時よりもお花の種類や咲き加減が変わっているように思えた。 
 
 
樹林帯に入って植生がすっかり変わり、視線の位置も変わった。背丈が20mを越す大木の中のを歩くため、雨が降っているか分からない。時折大きな滴が落ちて身体に当たる為、折りたたみ傘を開いて歩いた。苔も生えているので、足元に十分気をつけて歩いた。
 
 
およそ2時間20分でラマホテルが見えてきた。大きな木々が天然の傘の役割をしてくれていたので、小雨にはまったく気づかず歩いていた。
ロッジに到着するとすぐに、オーナーの奥さんがストーブに火を入れてくれた。雨具を着た格好でロッジのストーブ前まで来て、そこで雨具を脱ぎストーブの上に張ったロープに干した。
部屋が暖まると同時に、雨具も一緒に乾いていく。キッチンボーイがいつものように温かいジュースとお茶の用意を持ってやってきた。
 
お皿には2種類のビスケットが綺麗に並べてあり、それをいただきながらティータイム。

すでにポーターが荷物を部屋の傍まで運び、ガイドがその荷物を部屋の中へ入れてくれている。身体を拭く熱い洗面器のお湯も用意されたので着替えに部屋に戻った。
着替えの出来た人から再度ダイニングに集まり、ストーブの火に当たりながら夕食までの楽しいひと時を過ごした。
 
夕食
 
 
夕食時にはヘッドライトを使って、食事が運ばれてきた。テーブルの上にはろうそくが並べられ、その灯りで夕食。
ろうそくを使用した夕食も今日が最後で、明日は電気があるシャブルベンシへ行く。ろうそくを使って頂くヒマラヤでの夕食も今夜が最後と思うと、急に寂しくなる気がした。
 

運ばれてきた食事は、天婦羅料理を中心とした夕食。それ以外にも茄子の炒めもの、味噌で味付けされた苦瓜、野菜サラダなど、無農薬野菜を使った食事がでてきた。お味噌汁の具にトレッキング中採れたきのこを使用し、竹の子料理も出てきました。どうやらこの竹の子は、近くに生えている竹やぶからとってきたらしい。日本のような竹がこのあたりには見当たらないので、どうやって採取したかコックに聞いてみたかった。
いつものようにデザートが運ばれてきました。今日はライスプディングです。ご飯を加工して作った甘いお菓子です。初めてこの味を体験した方もおりましたが、美味しいと言って残さず食べてしまいました。

再びお茶を飲みながら、ガイドが明日の行程について説明があった。ガイドは湯たんぽが必要かどうか尋ねてくれたが、誰一人湯たんぽは不要とのこと。
外は雨が沢山降っているが、明日の朝には必ず雨が上がるだろうと誰もが思うようになっていた。数日にわたるランタントレッキングで、この地域の天気予報ができるようになった。ストーブの火もだいぶ残っていたが歩き疲れたようなので、早めに寝床に着く人もいた。最後まで起きていた人も20時30分までには部屋に戻った。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
朝起きると、深い霧で何も見えません・・・

雨具を用意して出発!

少しずつ霧も無くなり、高山植物を見ながらトレッキング

ゴラタベラで美味しい昼食を頂き、樹林帯の道を歩いてラマホテルへ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10日目
 
 
 
 
 
10日目の行程

起床
6:00

朝食
7:00

出発
7:45

ランタン到着
9:45

ゴラタベラ到着
昼食
11:50

出発
13:10

ラマホテル着
15:30

夕食
18:00

就寝
20:30

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana