トレッキング最終日。トレッキング最終地専用車が待っている、シャブルベンシまで歩く。
 
目覚め
 
霧雨の降っている朝を迎えた。昨日の天気予報は外れてしまった。樹林帯の中にあるラマホテルには、朝陽が届かない。そのためうっすらと暗い朝を迎えた。
キッチンボーイが鍋とやかんに水を入れて、キッチンへ運んでいるのが見えた。いつものキッチンボーイがお茶とビスケットをもってやってきました。すっかり定着した朝の日課。彼から頂く熱いお茶で1日が始まる。

ポーターもすでに全員が外に集まっておいしそうに湯気の立ち上るミルクティーを飲んでいる。彼らと目が合うと『ナマステ(おはよう)』 と声が返ってきた。
なみなみとお湯が入った洗面器が運ばれ、朝の身支度をした。キッチンの方からはスタッフが朝食の準備に忙しそうだった。
洗面も済み、トレッキングに出かけられる準備が出来た人からダイニングへ集合。

 
朝食
 
7時から朝食が始まった。ご飯と菜っ葉の味噌汁と、かぼちゃのつるの炒めものも出てきた。昨晩コックが夕食に出したかった品で、間に合わず今日の朝食に出てきた。
漬物とゆで卵、更にきのこのソテーが続いて出てきた。順番にお皿を回しながら料理を取り皿に取っていく。
外では、ポーターが荷物を集めて荷造りをはじめていた。およそ50分の朝食が終わり、水筒にお湯やお茶も入れてくれた。ガイドより今日のトレッキングのポイントについて説明があった。
 
出発
 
 
8時15分全員がロッジの前に集まり、シャブルベンシに向けて出発。すでにポーターとコック、キッチンボーイは出発していた。オーナー婦人の見送りを受けながら、ランタン谷を下り始めた。 平行道20分歩くとリムチェの村。ここは分岐の場所であった。私たちはここから川底に向う。 
 
 
雨が降っているので少し滑り易いが、ガイドが私たちの下山を助けてくれるので安心。
ゆっくりゆっくり下りてつり橋のところまで下りてきた。大きな岩の下に荷物を置いて休憩。ランタン川が濁流となって岩にぶつかり、水しぶきを上げているのがよく分かった。
 
再び出発し、吊橋を1人ずつ通り反対側へ移動。樹林帯の中の道を歩いていく。木の根元には大きなきのこが沢山生えていた。見ると(おいしそうかな?)と思いながら、進んだ。
1時間以上歩いてくると現地の人に出会った。大きな荷物を担いで、ランタン村に行くとのこと。生活用品をはじめ、米袋と砂糖の袋も入っていた。およそ60kgの荷物を担ぎ、私達の歩くスピードと殆ど変わらない速さで登っていく。

いつの間にか往路でお昼をとったバンブーへ着いた。そこでは現地の人が生い茂った草を鎌で刈っていた。この草は牛の餌になるとのこと。ロッジが全て閉まっているので、ベンチだけを借りて休憩。
来る時に見えていたお花もだいぶ褪せてしまっていた。ちょうどよい時期にこの谷を訪れたと改めて思った。
20分ほどのゆったりとした休憩だった。お茶を飲んだり、写真撮影をしたりとゆっくりと出来た。いつの間にか雨も上がり、昼食地を予定しているドバンまであと1時間30分。

ランドスライドまでは再び樹林帯の中を歩いた。落ち葉がクッションになった歩きやすい道だった。崖に作ったミツバチの巣も見えた。雨が降っていないせいだろうか?ミツバチが沢山巣の周りを飛んでいた。
ランドスライドまでやってきた。欧米人2人組がベンチで休んでいた。彼らは昨日シャブルー村に泊まり、ラマホテルに向う途中とのこと。ガイドは新しい情報をしきりに彼らから聞いていた。
目の前に流れているランタン川は水を更に増やし、シャブルベンシに向って流れていた。

 
ドバンで昼食
 
11時30分昼食地のドバンに着いた。2つのロッジは営業していた。行きとは別のロッジで昼食。
私達の昼食のために場所を提供してくれるありがたいロッジ。彼らはツーリストから入る現金収入しか現金を手にする方法は無いとのこと。
山岳地域では、都市部と違い物々交換などの習慣が強く残っているとのこと。少しでも彼らに現金が落ちるように、そして平等になるようにと行きと帰りのロッジをかえたのである。
 
 
キッチンボーイがオレンジジュースを運んできてくれた。全員にジュースを配り終えると、急いで昼食の準備を手伝いに。
キッチンから昼食の準備が出来たことを知ると、外のテーブルについて、昼食を待った。
目の前に2匹のクロアゲハが飛んでいた。
 
 
花の上で止まったので、写真をとろうと構えると、飛び立ってしまった。大自然の中で食事をいただける素晴らしさをつくづく感じる。オムライスと野菜スープ、マヨネーズをからめたキャベツサラダ、ソーセージと無農薬野菜の炒めもの、漬物と温野菜が出てきた。
 
オムライスの中はケチャップで味付けした赤いご飯が沢山入っている。 
キッチンボーイが食事の進み具合を見ながら、おかわりをたしていく。
また別のキッチンボーイは、コップにお茶を配っている。常に食べやすい環境で食事ができるように、サポートしてくれ、ゆっくりとした楽しい昼食ができる。
ポーターたちがロッジの中から出てきた。彼らはネパールの食事ダルバートを食べていたのである。大きな皿にどんぶり3杯ほどのご飯を平らげるのである。
 
 
キッチンボーイがあつあつのスープを運んできた。先ほど配られた野菜スープではなかった。緑色をした少し粘りのあるようなスープ。
実はガイドが私たちのために特別に依頼して作ったスープだった。
 
            『ネパール人が食べる食事を頂きたいという声もありましたので、皆さんのお口に合いそうな食事を用意させていただきました。これはシスヌ(青汁のような色)というスープです。消化作用があり、胃にも優しいスープです。味は薄めにつけてありますので、好みに合わせて塩や、胡椒、唐辛子を入れて味付けしてください』 ためらう人もいたが興味ある人が試食し、美味しいという感想をきいたら、全員がシスヌスープを頂いた。

日本人の口に合うので全員がお代わりを願い出て、キッチンボーイは笑顔で器にスープを足しながら回った。 いつもよりゆったりした昼食になった。トイレも済ませ出発を待つばかり。スタッフはすでに出発しシャブルベンシに向った。

 
午後のトレッキング
 
ガイドの案内で、午後の平坦な道を下るだけのトレッキングが始まった。道の両側を覆う草も行きよりも背丈が伸びている。
 
 
向こうにシャブルベンシの集落と吊り橋が見えてきた。歩く右側には電信柱があり、山から下りてきた感じがした。吊橋を渡りかえして村の街道を歩き、タマン族の人たちが笑顔で迎えてくれた。ゆっくりと歩きながらロッジを目指す。
チベットから流れでるボテコシ川に架かる吊橋を渡るとトレッキングはほぼ終わりだった。そこから10分も歩くと専用車が待っているシャブルベンシのロッジに到着した。 ロッジに到着するとオーナーが出迎えてくれた。スタッフから熱いお茶が配られ、今回のトレッキングをねぎらってくれた。
 
すでに荷物は部屋に置かれ、ガイドが部屋に蚊取り線香を付けながら回っていた。温かいお茶を飲み、着替えに部屋に入った。ある人は衣類の洗濯を始め、シャワーを浴びて伸びたひげをそったりと普段の日常が始まった。
1時間ほどしてからダイニングに集まり、ティータイムが始まった。電気も来ているので、バッテリーの充電も忙しい。
 
ボランティア
 
 
ガイドより私たちにお願いがあった。実は、この村にいる子供達に文房具や衣類を渡して欲しいということで、時間を少し頂きたいという御願いだった。
サパナは日本の小学校の協力のもと、使い古しの文房具をネパールの子供達に届けるボランティアの活動をしているとのこと。
 
 
日本から大きな入れ物に文房具や衣類を入れて、ここまで運んできていた。ガイドはスタッフを集め、村の子供達を呼びにいった。30分ほど経つとロッジの前には、約50人の子供達が集まっている。ガイドより『皆さんの手から渡していただきたい。子供達が順にもらえるようにスタッフも手伝います。』の案内があった。
 
子供達は一列に並んで文房具や衣類を受け取って行く。長い行列だったが、順番に変わりながら手渡しをして行き、ここに集まってきてくれた子供全員に配終えた。そして最後に私たちと一緒に子供が並んで写真を撮り、このプログラムは終了した。

ガイドよりボランティアの活動にご参加していただいたことのお礼があり、私たちは本当にこのような経験をすることができた喜びでいっぱいだった。
再び夕食までお茶の時間だった。ガイドは明日の出発のことも踏まえてカトマンズと連絡を取り合う。外には明日私たちがカトマンズに向う為のランドクルーザーが来ていた。

 
夕食
 
 
18時30分、久々に蛍光灯がついて明るい部屋での夕食が始まった。いつもと違う夕食の感じだった。
ポップコーンが配られ、チキンスープが配られていく。
 
 
その後にチキンのから揚げ、照り焼き、砂肝料理、チキンカツ、バーベキューと続いて出てきた。鶏肉は地鶏で最高に美味しい。手巻き寿司が並び、野菜炒めとキムチが出てきた。コックは私達がお茶を愉しんでいる間に鶏肉を手に入れて沢山食事を作っていたのである。
 
どの食事も日本で食べている味と一緒だった。私たちは美味しい食事に大満足した。

外からスタッフが楽器を演奏しながら入ってきた。キッチンボーイを先頭にポーターも続いていた。コックが大きなケーキを持って入ってきた。ケーキを私たちの前に置き、歌を歌い始めた。
歌が終わり、ネパール人ガイドより今回のトレッキングが無事成功できたことと、日本からヒマラヤに来てくれた感謝の言葉を喋ったので、ガイドがそれを日本語で通訳してくれた。 そしてケーキ入刀。

選ばれた人方がコックが作った大きなケーキにナイフを入れた。ゆっくりとナイフが入り終わるとみんなから拍手が沸いた。その後コックがケーキを小さく切って全員に配り、手作りケーキを美味しく頂いた。

 
 
ガイドよりスタッフへの謝辞があった。ガイドがネパール人スタッフ全員に分かるよう、ネパール語で通訳してくれるので、私たちも順にお礼の言葉を伝えた。その後、私たちはテーブルの前に集まり、出発前に集めたチップをポーターから順に配った。
 
ポーター頭のソナムは責任感強い人間で、私達のツアーに参加してくれ、ポーターをしっかり監督しながら、荷物を責任持って運んでくれた。ガイドがソナムにお礼の言葉をかけると、彼は喜んで大はしゃぎ。順にキッチンボーイ、コック、ネパール人ガイドとチップが手から渡された。 最後に、ネパール人ガイドから感謝の言葉と、次回も是非ネパールに来てヒマラヤを愉しんでいただいて欲しい御願いがあった。
 
ヒマラヤの宴
 
 
キッチンボーイの笛が奏でられ、音楽がスタート。太鼓のリズムにのって、ポーターが踊りだし、ネパール民族音楽を歌った。私たちもネパール人スタッフに手を引かれ一緒に踊りだした。

 

言葉は分からないが、気持ちは伝わってくる。一緒になってこのヒマラヤの思い出をこの歌にのりながら踊る。写真を撮ったり、一緒になって踊ったり、身体が気持ちよくなった。日本では体験できない大自然と素朴な人々の生活に触れながら楽しく、強く思い出に残るトレッキングになった。

歩くだけでなく、実際にいろんなことに体験しながらトレッキングを愉しむことが出来た。 明日の朝は出発が早いので9時過ぎに部屋に戻り、宴で奏でられた民族音楽のリズムを口ずさみながら、眠りについた。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
朝から雨が降っていました・・・

ランタン側に沿ってシャブルベンシを目指します!

ミツバチの巣の周りに蜂が沢山飛んでいます・・・

専用車が迎えに来ているシャブルベンシに着きました。これでトレッキングが終わってしまった・・・

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11日目
 
 
 
 
11日目の行程

起床
6:00

朝食
7:00

出発
8:15

リムチェ到着
8:35

ドバン到着
昼食
11:30

出発
13:10

シャブルベンシ着
14:50

夕食
18:30

就寝
21:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana