今日の行程は、シャブルベンシからカトマンズへ専用車で戻る1日。
 
起床
 
昨日の宴をうっすらと思い浮かべながら朝を迎えた。
キッチンボーイが朝5時にお茶を持ってきてくれた。すぐに洗面のお湯も部屋に届き洗面。 
ホテルの外では、大きな音をたてて専用車にトレッキングの荷物が積み込まれている。コックが中心になって朝食の準備がされ、ダイニングに朝食の用意が出来た。
5時30分から始まる朝食に合わせて部屋からダイニングへ移動し、席についた。
 
朝食
 
キッチンボーイがお味噌汁を運んできた。その後に目玉焼きが上に載ったご飯が運ばれてきた。更に、野菜のおひたし、佃煮、沢庵が運ばれた。焼きたてのパンケーキも運ばれてきた。30分ほどの朝食だったが沢山頂いた。

今日はトレッキングでもないのに、どうして早く出発するかガイドに尋ねると『遅く出発するとカトマンズ市内の渋滞に巻き込まれてしまいます。そうすると皆さんがホテルに到着するのが遅くなり、大変になりますので、少し早めに出るのです』と。

 
出発
 
私達の食事も終わり、食器の片付けも終わって出発。
ロッジのオーナーにお礼を告げ、専用車に乗り込んだ。スタッフは6時15分に出発するチャーターバスに乗って帰るとのこと。

私達のトレッキングが最高のものとなるよう毎日尽力してくれたスタッフと、ここでお別れだった。手を大きく振って最後のお礼をした。スタッフもバスの窓から身を乗り出してそれに応えてくれた。私たちを乗せた専用車はランタン谷に別れを告げて出発。

専用車はバスと違って速く、あっという間にシャブルベンシが小さく見えるところまで上がってきてしまった。上からその様子を見ているとスタッフが乗ったバスが車体を左右に大きく振りながら、エンジンをうならせて走っている。
1時間30分ほどでドゥンチェの村へ。一旦車から下りてトイレ休憩。北の方角を見るとうっすらと国境に聳えるヒマラヤが見えていた。

再び出発。水平道を進みながら、徐々に下る。行きしポーターを集めていたリムチェの村を通り過ぎ、検問のところまで来た。行きと同様ネパール人スタッフだけ降りて検査。その後、車に乗り込んでスタート。どんどん高度を下げていった。
はるか向こうにはトリスリバザールの集落が見えていた。植生も変わり亜熱帯性の植物が目に入ってきた。バナナやラン、ブーゲンビリアなど日本でもおなじみの植物がここでは民家の軒先に当たり前のようにあった。
10時30分、トリスリバザールに着いた。行きに昼食をとったレストランで早めの昼食。

 

 
トリスリバザールで昼食
 
今回もコックが昼食を作ってきてくれていた。
おにぎりにソーセージと野菜の炒めもの、鶏肉のから揚げ、ゆで卵。レストランからネパールのラーメンを注文し、私たちにに配ってくれた。日本のインスタントラーメンと同じ味でびっくり。

すでに標高は500mになり、だいぶ暑かった。気温も25度を越え、汗ばむ陽気。ヒマラヤから離れてきたので太陽が顔を出して照らしている。45分の昼食も終わり、最後に冷蔵庫で冷やされていたスプライトで喉の渇きを潤した。

カトマンズへ向って・・・
ドライバーもネパールの食事を済ませ、車の中から私達が来るのを待っていた。再び車に乗り込んでカトマンズを目指した。
道路も舗装された道に変わり、先ほど以上にスピードが出る。カトマンズまであと3時間の道のりを愉しんだ。トリスリバザール一帯は大きな水田が広がり、稲の苗が少しずつ大きくなっていた。緑色の水田を見ながら、心地よい風を受けながら車は風を切って走った。

登り道にはいっても車は快調に進んでいく。大型の車を追い越していつの間にかカカニの丘まで来た。再び、トイレ休憩をかねて車から降りた。
来た道を見下ろすとバスやトラックが何台もゆっくりゆっくりと登ってきている。私達がトレッキングしていた歩き方にそっくりで笑ってしまった。ドライバーはおいしそうにミルクティーを飲んでいた。私たちもよばれてご馳走になった。ここのミルクは牛のミルクを使っているとのこと。日本の牛と似た品種だが、日本の牛の比べ痩せこけた牛。1日10リットルほどしかミルクが取れないとのことで、気の毒になった。

ゆっくりした休憩も終わりカトマンズまで一気に下った。安全運転に注意しながら、100万都市カトマンズまであと少し。
午後14時過ぎ、カトマンズ市内に入ってきた。車の多さに改めてびっくり。牛やリクシャ、バイク、車に人が一緒になって通る道を抜けていく。今まで山道ばかり歩いていたので、賑やかな街並みを見ながらホテルに着いた。

 
ホテル到着
 
ホテルに入り、ガイドがチェックインしていく。すぐに鍵をもらい手荷物だけを持って部屋に。大きい荷物はポーターが運んでくれた。
出発前にホテルに預けた荷物のタグをガイドに渡した。ガイドは、ホテルに預けた荷物を確認しながら、荷物が確実に届くよう指示してくれた。
ガイドと一緒に荷物が届き、部屋の状態を確認。ゆっくりお風呂に入りトレッキングの疲れをとった。
 
夕食
 

17時30分前にはそろい、カメラを持って日本食レストランへ。
雨が少し降っていたが、傘を広げるほどでもなかった。閑散とした通りにはツーリスト向けのお店が建ち並び、私たちを釘付けにした。ゆっくりお店を見ながら日本食レストランへ。

今日も私たち以外誰もお客さんはいないようで、山に入っていた日の新聞を捜し、みんなで順番に目を通した。
お店の方から冷たいお茶が振舞われ、喉を潤す。 枝豆と冷奴のサービスがあり、しょうゆをつけペロリ。禁酒をしていた人は冷たいエベレストビールを注文。順に美味しい日本食も出てきた。

食事を頂きながら、今回のトレッキングの話題で盛り上がった。お店の人も私たち以外に客がいないため、話の中に加わってより盛り上がった。
撮影したブルーポピーの画像を店の人に見せたところ初めて見た花と聞き、意外だった。街中に暮らすネパール人にとっては、トレッキングや高山植物は無縁の世界なのだと思った。みんなでお店の人にトレッキングの素晴らしさを熱く語った。

2時間ほどの夕食を頂き外へ。今回訪れたランタン谷の写真や絵葉書を買い、またカレンダーも買いながらホテルに戻った。
ガイドが『明日の朝食時間を7時30分』と説明し、各自部屋に戻った。久しぶりのカトマンズの夜、喧騒と興奮が再びやってきた。トレッキングの興奮も冷めていない夜が長く感じた。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
ランタントレック さようなら・・・

トレッキングを支えてくれたスタッフに別れを告げ、出発!

街へ戻る嬉しさと、山から離れる寂しさが心の中で・・・

無事、カトマンズ到着!すぐにお風呂に入ろう・・・

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12日目
 
 
 
12日目の行程

起床
5:00

朝食
5:30

出発
6:10

ドゥンチェ到着
7:40

トリスリ到着
昼食
10:30

出発
11:30

カトマンズ着
14:15

夕食
17:45

就寝
20:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana