今日の行程はラマホテルを出発。原生林の林を抜けて、氷河が削ったU字谷が広がるランタン谷を歩く。標高3300mのランタン村までおよそ7時間の行程。
 
起床
 
朝6時、キッチンボーイの声で目が覚めた。ドアがノックされ、熱いコーヒーを部屋まで運んできてくれた。
15分もたたないうちに、洗面用のお湯が運ばれてきた。部屋の外に置いてもらい、寝袋からゆっくりと出た。ほんの少し肌寒さを感じたが、それも心地よく感じる。 洗面器のお湯を持ってロッジの外でゆっくりと顔を何度も洗った。

今日も雲の隙間からうっすらと陽射しがさし、雲が速く流れて行く。キッチンではコックが中心になって朝食の準備が進められ、忙しくキッチンボーイが野菜を洗ったり、お皿を準備したりしている。

6時45分からの朝食にあわせ、ポーターに運んでもらう荷物と自分で担ぐ荷物を分けてダイニングへ。

 
朝食
 
朝食の時間になり、キッチンから食事が運ばれてきた。先ず、大根のお味噌汁が運ばれてきた。その後お皿に載せられたお餅と漬物、少しやわらかめのご飯、無農薬野菜の炒めものと、採れたての卵を使ったゆで卵、昆布の佃煮。

大きい梅干を一つ取ってご飯と一緒に食べた。ガイドより『今日の昼食地まで樹林帯に咲くお花を見ることができます。昼食地のゴラタベラ以降は大きな木も無く、視界が開けてU字谷を見ながらお花畑を歩きます』と説明があった。ヒマラヤが見えるかも知れないと胸を弾ませながら朝食を食べた。

朝食が終わると、参加者の水筒にお湯やお茶が配られた。

ガイドが部屋を回りながら落し物が無いか確認。ロッジのオーナー夫人よりお別れの挨拶と帰路の予約を御願いして出発。

 
出発
 
村はずれから樹林帯が始まった。ここに生えている樹はおよそ20mの樹高で、風苔がびっしりと枝や幹に付いる。蛭がいないか心配しながら歩いたが発見できなかった。
 
 
沿道には背丈が30cmほどのショウガ科の花【紫色】がびっしりと群生し、紫色の街道を演出している。 視線を少し上げるとユリ 【黄緑色】がポツポツと頭を下げて咲いていた。フウロウ【ピンク】が少しずつ現れてきた。ラマホテルを出発して1時間30分ほどで、グムナチョクに着いた。
 
 
10分ほどロッジのベンチに腰を下ろして休憩。
このあたりからゴラタベラまでの間に石楠花が密生していて、ランタンの石楠花は赤や白、ピンクなど色々な色の花が咲くとのこと。
 
私たちより先に歩き出したポーターもここで休んでいた。日本から持ってきたキャンディーをポーターに配ると、ポーターは大喜びでおいしそうにあめを食べた。日本製のタバコをあげたら、すぐにタバコを大事そうに彼らの財布にしまった。 
 
 
どうやら後でゆっくりと吸うのだろう…。
お昼の予定地ゴラタベラは樹林帯を抜けた先。トレイルも少しずつ谷に沿って右に曲がりながら緩やかに高度を上げていく。
 
 
所々に樹高が1m程ある花が咲いている。一見花が終わりかけのように見えるが、黄色い花弁をつけて咲いてた。視線を再び足下に持っていくと真紅の色をした小さい花がヒッソリと咲いていた。よく見ればその横にもたくさん咲いていた。
 
樹林帯を抜ける
 
 
鬱蒼とする樹林帯からようやく抜けそうになってきた。今度は人の背丈ほどの大きさで【薄紫色】をしたキンポウゲ科の花が見れるようになってきた。所々に紫色の花をつけてとても綺麗。
樹林帯を抜けると世界で一番美しい谷と称されるランタン谷がU字谷の全容を見せてくれた。雪を被ったヒマラヤは雲の中だったが、ここにヒマラヤが聳えているのが分かった。
 
石が敷き詰められた道を歩くといろんな種類の花が咲いていた。背丈10cmほどのアヤメやゴマノハグサ、スミレ【黄色】 マメ科の花、アブラナ科の花 ユリ科の花があたり一面に。花園の中に2軒のロッジがあった。
昨日宿泊したラマホテルのご主人がここでもロッジを経営していたので、寄せていただき、昼食になった。昼食まで1時間程時間があるので、ロッジのキッチンの様子を見せてもった。
タマン族の風習によって祭壇があるキッチン。ダライラマやブッタ(お釈迦様)の写真が飾られ、お祈りの道具も一緒に奉られていた。
 
 
薪を燃やして火を起こすかまどを見ていると、オーナーがかまどの前で火に当たるように呼んでくれた。それほど寒さを感じないが、汗を乾かすのにちょうど良かった。
 
外はいつの間にか雨が降っていた。それほど大粒の雨ではないので、現地の人が傘をささず歩いて登っていく。彼らの足なら1日でランタン村まで歩けると聞き(参加者の足で2日間の距離)びっくり。背中には大きな荷物を背負って登っていくのだから。

ポーターが追いついてきた。彼らは荷物を雨が当たらないところにおいて、何かポケットから出して私たちを呼んでくれた。彼らは小さい木の実を沢山集めていた。
ガイドがネパール語でその実を尋ねると山椒と分かり、この実で食事の味付けに使用するとのこと。

 
ゴラタベラで熱々の昼食!
 
色々とネパールの文化を見ていると、あっという間に1時間過ぎてしまった。
昼食の用意が出来き、メニューはなんとスパゲッティーと新鮮な無農薬野菜をふんだんに使った炒めもの、おにぎり【中身は昆布】ブロッコリーのゆでたものをケチャップ味付けしたものなど6種類のおかずがテーブルに並んだ。

入り口に用意された手洗い用のお湯で手を洗い、椅子に座って食事が始まった。外は雨が降ったり止んだりしているが楽しい食事で、ロッジのダイニングは賑やか。

午前中に撮影した花の映像を見せ合い、温かい美味しい食事を頂き、ゆっくりとした時間が流れていった。
ランタン村から降りてきた外国人トレッカーがロッジの中に入ってきた。 私達の食事風景をみるとびっくりした様子で、非常に興味を持っている感じだった。その外国人に日本の食事を勧め、外国人トレッカーはおいしそうに食べてくれた。
雨宿り兼ねての昼食でしたが、出発する頃には小ぶりになったので、折り畳み傘で十分です。 

 
午後のトレッキング
 
12時45分出発。石楠花の木と山椒の木が密生している場所を抜けていく。草地に変わり色々な花を見ながらのトレッキングが再び始まった。
 
 

先ほど見てきた花に加え20cmほどの背丈のラン科の花、ユリ科の花がいっぱい咲いていた。ピンク色と白いバラも花弁に滴をつけながら。

 
 

左側に大きな建物とバレーコートが見えてきた。ここはネパール軍の駐屯地でランタン国立公園のチェックポスト。カトマンズで取得した許可証をここで見せるとのこと。全てガイドがしてくれるので、その間も思いっきり高山植物を楽しむことが出来た。

 
 

ユリ科やタデ科の花を見ながらのトレッキング。段丘に上り、ふと振り返ると先ほど昼食したゴラタベラが見えた。現地の人?ロッジの外で集まっているように見えた。
2km前方には私達がこれから向うランタン村の集落が見えている。

 
ここから更にお花畑の中を歩いていくと、マツムシソウ科の花がトゲの針たくさんつけて咲いていた。 ミヤマキンバイ【バラ科】の仲間?黄色い花をつけて岩の横でゴマノハグサ(先ほどより背丈の低い)と一緒に咲いていた。視線を何処にうつしても花が咲いているトレイルは雨季のヒマラヤのもう一つの顔。
 
 

ツクシのような黄色い先のとがった花(シソ科の花)が15cmの背丈で群生していた。とっても可愛いので写真を一枚とった。雨が降ったり止んだりしている天気だが、村人にはまったく出会わない。カルカ(放牧地)に作られた畑の中にもいない。

 
ガイドに理由を尋ねると、『ランタン谷に暮らす人々は、もうすぐお祭りが行われるキャンジンゴンパへ出かけているのです。』と。
 
ランタン村に到着
 
昼食地からゆっくり歩いておよそ3時間でランタン村に着いた。すでにキッチンボーイが外で私達の到着を待っていた。彼らはいつものように暖かいジュースを持って走ってきました。ロッジに入りダイニングで合羽を脱ぎ、ストーブの上に張られたロープに掛けていく。ロッジの女将がストーブに薪を入れて火をたいてくれた。  寒さは感じないが雨具の乾燥のために。

ロッジに入りダイニングで合羽を脱ぎ、ストーブの上に張られたロープに掛けた。ロッジの女将がストーブに薪を入れて火をたいてくれた。
ロッジのキッチンからラジオの声が流れきた。ラジオは電池式のものでなく、電気を使ったラジオだった。

ガイドが昔のランタン村の話をしてくれた。『1994年に訪れた時には、この村に電気はありませんでした。ランタン村に電気が来るようになったのはそれから暫くしてからのことです。
日本のボランティアグループが滝の水を利用して水力発電を行い、、各家庭に電気が供給されているのです。
メンテナンスも全てネパール人が行っています。本来、夜間しか電気が家庭にきませんが、村人がいないので、昼間も流しています。』
と説明。

ガイドの話を聞いている間に、ダイニングが暖かくなってきた。キッチンボーイがココアやコーヒー、紅茶とビスケットを持ってきてくれ、ティータイムが始まった。
今日見てきた高山植物の話で、盛り上がった。
ガイドとスタッフはロッジの部屋に荷物を手際よく置いていき、その後寝袋とシーツと枕を置いていく。そのあと熱いお湯が入った洗面器が配れらた。
夕食までの時間、着替えや明日の準備をしたり、文庫本を片手にストーブの前でゆっくりと読書にふけた。

 
夕食
 
外も段々暗くなり、夕焼けを見ることなく日が暮れた。ダイニングにろうそくが灯され、私たちだけの夕食が始まった。
ネパールのせんべい(パーパル)塩胡椒味のものが配られ、初めての味だが美味しくまた一枚と口に入っていく。
温かいトマトスープが配られ、一口頂くたびに身体の中から温まり、上着を一枚脱いで体温調節。チャーハンと地鶏を使った照り焼きが出てきた。付け合せにポテトフライ、温野菜ときゅうりとにんじんと大根を使ったサラダ、ミックスピザまで出てきた。いつも沢山料理を出してくれるので、本当にありがたかった。
どの食事もちょうど良い味付け。無農薬野菜を使っているので、身体に良いものばかりをいただいた。適度の運動と美味しくいただける食事、快適な睡眠で私達の健康が維持されていると思う。

楽しい夕食も終わりストーブの火に当たりながらゆっくりと暖をとった。外気温は12度くらい。標高3300mの高度でも寒く感じなかった。
うたたねをしてしまいそうな心地で、明日の予定についてガイドより説明があった。『明日は3800mのキャンジンゴンパへ行きます。お昼前に到着すると思います。高低差500mほどをゆっくり歩きますが、今日見てきた以外のお花が更に咲いていますので楽しみにしてください。途中イエローポピーも見ることができます』と説明。
明日も素晴らしい景色と花を見ることができることで興奮。カメラフィルムの残りを気にしながら入念に準備。ガイドの適切なアドバイスと詳しい説明、美味しい食事を頂きながら毎日安心して歩けることに感謝。
ランタンの夜は更け、いつしかヒマラヤに降る雨は強くなり、明日の朝上がって欲しいと願いながら眠りについた。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
4日目は、ランタン川に沿って、ジャングル、U字谷を歩いてランタンへ

鬱蒼としたジャングルを2時間歩きます。

ジャングルを抜けると、氷河によって削られたU字谷が現れます。

お花畑の中にあるゴラタベラで昼食!

高山植物を見ながら、標高3300mのランタン村へ

 
 
 
 
 
4日目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4日目の行程

起床
6:00

朝食
6:45

出発
7:30

ゴラタベラ到着
10:20
昼食

午後のトレッキング
12:45

ランタン到着
15:50

夕食
18:00

就寝
20:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana