今日の行程は、キャンジンゴンパからヌバマタン・カルカのお花畑へお弁当を持ってピクニック。
 
目覚め
 
ロッジのオーナーは朝からハエマツを燃やし、香を焚きながらチベット語で読経をしていた。
ここはチベット仏教が今でも彼らの生活の一部として生きているのである。部屋まで聞こえる張りのある声が印象的だった。

いつものようにキッチンボーイが、コーヒーと洗面器のお湯を一緒に部屋まで運んできてくれた。高度計のついている時計を覗くと6時30分過ぎ。7時からの朝食に合わせて急いで支度をした。
今日は朝食後、お弁当を持ってヌマバタン・カルカのお花畑へハイキング。いつものように全ての荷物をまとめる必要もないので、支度に余裕。外ではポーターがにっこり笑顔でナマステ(おはよう)と。彼らは1日この村でゆっくりと休息。

 
朝食
 
大きなテーブルにテーブルクロスがかけられ、お箸とコップが用意されている。部屋で頂いたコーヒーを持ってダイニングへ。
7時ちょうどに、朝食が運ばれてきた。今日はおかゆだった。真ん中に大きな梅干が入って日の丸の様。沢庵の漬物と目玉焼き、ソーセージと野菜が一緒に出てきた。食べ始めているとあつあつのパンケーキが出来上がり、ひとつずつ配られた。
  パンケーキとは、小麦粉と卵を水で溶いたものをフライパンで焼いたホットケーキみたいなもの。ふんわりとしていながらしっとりとした食感だった。蜂蜜をつけて食べるのが一番のお勧め。

コックがダイニングに入ってきたので、みんなからナマステと声をかけられて照れくさそうだった。
コックは朝食を作りながらヌバマタン・カルカで食べる私達のお弁当を作っていたのである。朝食が終わり散策の準備の為、一旦部屋に戻り、8時に全員が再び揃って出発。

 
ヌバマタン・カルカへ出発
 
私たちと一緒にネパール人スタッフも3人同行してくれた。日本人ガイドが先頭を歩き、思い思いの速さでゆったりと花を愛でながら歩く。
村の外に出るとアネモネの群落。向こうの草地では気持ちよさそうに朝の陽射しを受けてヤクが草を食んでいまた。
 
 
キャンジンゴンパから30分ほど歩くと、かつてここに小さい空港があった場所に出た。川原の中に作られた空港で、滑走路の周りには頭くらいの大きさの石が綺麗に並べられていた。
 
 
空港の横を通り、小さな水溜りがあった。2頭の馬が水辺で水を飲んでいる。その周りは黄色いゴマノハグサ科の花が10cmほどの背丈でびっしりと花を咲かせていた。
向こうの水辺にも同じ花が沢山あった。私たちはその花を接写。青空が見えているランタン谷と一緒に撮りました。
 
キャンジンゴンパの方を振り向けばランタンリルンが聳え、その左にはランタンU峰、谷を挟んで真正面にナヤカンガ、ガンチェンポと個性あるヒマラヤの峰々が続いている。
私達が歩くこの道はランシサカルカへ行く道と一緒で、踏み後をたどる簡単なピクニック。
 
 
左には、チェリコリピークからの尾根が続き、その先に4軒ほどのカルカ(放牧小屋)の跡があった。
夏の間、ランタン村の住人が暮らして乳製品を作っていた石積みの家。カルカ周辺にもアネモネやキク科の花、ピンク色のサクラソウなど10種類以上の花が一目で分かるように咲いている。
 
もう少し谷を遡るとランタンリルンはチェリコリの尾根の影に入り見えなくなってしまった。真正面にランシサリがどっしりと谷から一気に屹立し、ランタン谷に鎮座している。下流を見れば風に乗って雲が流れてきている。少しずつ天候が崩れてくるのではと心配しながら歩いた。
 
大花園ヌバマタンカルカ
 
台地状の場所が目の前に見えてきた。ここがヌバマタンカルカ。この辺りは湿地帯もあるのでいろんな種類の花が競演している。
見渡すだけでも200m以上お花畑が続いていて、足の踏み場もなかった。高台へ登る道、高台の上も全てお花畑だった。
 
 
大きい石を見つけて私たちは腰を下ろした。持ってきた自慢のカメラを出し、撮影会が始まった。先ずは花とヒマラヤを一緒に。その後は可憐な花を接写。何枚とっても飽きることのない天空の花園である。
 
 
朝コックから頂いたお弁当を開けたら、中には大きなおにぎりとゆで卵、おかずとして野菜の炒めもの、きゅうり、キャンジンゴンパで作られているヤクのチーズが入っていた。お茶はスタッフがテルモス(魔法瓶)に入れて運んできたので、熱いものを頂いた。
 
 

天空の花園の中でいただくお昼ごはんは最高である。何処を見てもお花!お花!こんな贅沢なお昼は他にあるだろうか。お花たちに囲まれながら頂くお弁当は最高だった。

 
来た道とルートを変えてゆっくり戻った。歩けば歩くほど違う花に出会えるのがランタン谷トレッキングの魅力。高山植物の種類の多さには驚いた。
15時前、私たちはキャンジンゴンパに着いた。
 
キャンジンゴンパへ戻る
 
ロッジではスタッフ一同が集まって、トランプで賭け事を一生懸命していた。私達が戻ってくるのが分かると、キッチンボーイは急いでお茶の準備をしてくれた。

一通りお茶を配ると、再び賭け事に加わり、白熱したトランプが行われる。その光景が面白いので、お茶とビスケットを持って一緒に彼らの後ろからトランプを覗いて楽しんだ。
  彼らの眼差しはトレッキング中に見られないほど真剣であった。相手の捨てたカードをしきりに追い、勝負が決まった瞬間、勝者と敗者の仕草が極端に対照的だった。そんな彼らの一場面を撮影。 夕食までゆっくりと時間を過ごした。

オーナーが沢山薪を運んできて、ストーブの中に灯油を垂らして火をつけます。大切な灯油をこのように使うので、もったいないと思ってしまいましたが、笑顔で私たちに微笑んでくれます。
あたりが暗くなってきても賭け事は続いていた。キッチンからコックがキッチンボーイを呼ぶ。急いで3人のキッチンボーイは戻っていった。コックだけがキッチンで食事を作っていたのである。
  夕方6時過ぎ夕食が始まり、先ほどまで真剣にトランプをしていた彼らの目は、いつものように優しい眼をして私たちに微笑んでいた。

 
夕食
 
温かいお餅入りのお味噌汁が配られた。その後、すき焼きが運ばれてきた。大きなフライパンに地鶏をメインにしたすき焼きだった。にんじん、シラタキ、白菜、ねぎ、たまねぎ、きのこが入っていた。そのあと、インゲンとカリフラワーの炒めもの、た酢の物も出てきた。
 
 

ご飯と一緒にいただくすき焼きは格別に美味しく、日本に居るような錯覚だった。おかわりする人が続出で、キッチンボーイが忙しく働いてくれた。デザートにカスタードプリンが出てきた。とても懐かしい味。昔食べた味をこのヒマラヤで食べれるとは…。

 
ほぼ夕食が終わり、ガイドより明日の行程について説明があった。明日から2日間はテント泊まりで、ブルーポピーの群落地へ訪れるとのこと。
今回参加した目的はこのブルーポーピーに触れながら写真を撮ること。かつて大阪で行われた花博覧会では、ブルーポピーがガラスケースに入れられ、遠くから見ただけだった。今回実際に花弁に触って夢をかなえたかったのである。

キッチンボーイが湯たんぽを持ってきてくれた。温かい湯たんぽをお腹の中に入れて、暗くなった外を見ながら、明日も晴れるようにと願い部屋に戻った。昨日より早めの就寝。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
6日目は、お花畑が広がるヌバマタン・カルカへ散策に出かけます。

ロッジのすぐ横からアネモネの群落の中を歩いて行きます。

かつての飛行場の跡が見えてきました。

湿地帯には馬が草を食み、黄色い花がたくさん咲いています。

小高い丘が見えてくるとヌマバタンカルカは近いです。

丘の上に立つと、眼下に様々な高山植物が咲き乱れ、大花畑になっていました。

 
 
 
 
 
 
 
6日目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6日目の行程

起床
6:30

朝食
7:00

出発
8:00

ヌマバタンカルカ到着
11:10
昼食

午後のトレッキング
13:00

キャンジン到着
14:55

夕食
18:10

就寝
20:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana