トレッキングの目的である幻の花ブルーポピーを実際に触れた。体調を整えて4900mのピークに登り、天空の花園をとことん楽しんだ。


 
 
ヒマラヤの目覚め
 
 
昨夜から降り続いた雨も陽が昇ってくるにつれ止み、静かな朝を迎えた。時計を見ると6時前。テント場ではスタッフがお茶の準備をしている。テントのジッパーを開けると雲の間から青空が見え、目の前には真っ白なヒマラヤがはっきりと見えた。
 
寝袋から飛び出してカメラを持って外に出ると、友人はすでに三脚を構えてランタンリルンの雄姿を撮影していた。
 
 
私たちが外で写真を撮っているのにスタッフが気づき、急いでコーヒーを運んできてくれた。全員がテントの外で、ヒマラヤの全貌を見ながら熱いコーヒーをいただく。 コーヒーをすする音が澄んだ空気ですごく通り、目の前に静かに鎮座するヒマラヤが私達の心を興奮させる。
 
すぐ横の岩で何か動いた気配を感じたので、じっと見ているとナキウサギが数匹いた。岩の陰からこちらを覗いては隠れてしまう。初めてナキウサギを見た人もいて、朝から興奮状態が続く。
カメラ撮影に集中するかたわら、ガイドの計らいでダイニングテントでの朝食を屋外での朝食に変更するよう、ネパール人スタッフに指示をしてくれた。スタッフは笑顔でそれに応えてくれる。
 
 
早くヒマラヤが見たいので急いで洗面を済ませた。雨季のトレッキングだからヒマラヤが見えないと思っていたので、本当にうれしかった。
 
雨のおかげで空気中の埃も綺麗に洗い流され、山肌の緑と新雪の白が絶妙なるコントラストで、ヒマラヤの全貌がはっきり見えている。後は雲の間からヒマラヤの頂上に朝陽があたるのみ。

空はだいぶ明るくなり、谷底のほうからは少しずつ雲が上がってきているのが分かった。ピンク色のトラノオがびっしりと咲いている上にマットが敷かれ、ヒマラヤを見ながらの朝食になった。

 
ヒマラヤを仰ぎながら頂く朝食
 
先ずは熱いお味噌汁が配られ、その後におかゆとソーセージと卵焼きが出てきた。ピーマンとたまねぎを中心にした野菜炒めと梅干、高菜の漬物もが出てきた。ヒマラヤを見ながら朝食をいただくこのひと時が、日本では絶対に体験できない最高な贅沢だと思った。
ご飯を食べながら視線は、白き山々の頂と山肌に咲き乱れる高山植物を、いったり来たり。
40分ほどのゆっくりとした朝食も終わった。
 
 
一旦各自のテントに戻り、トレッキングの準備。天気はなんとかもちそうだが、一応雨具を持って水筒にお茶を入れてもらった。ストックとカメラ道具を用意して準備OK!8時30分ガイドの後に続いて私達が歩く形で出発。最後尾にネパール人スタッフ2名が同行。 
 
ブルーポーピーの花園へ
 
何処にブルーポピーがあるか分からないので、きょろきょろしながら歩いた。
ガイドは珍しい花を探しながらブルーポピーの群生地に私たちを案内してくれる。昨日まで見たことのない花があれば、ガイドが説明。至れり尽くせりのガイドの説明に聞き入りながら、高山植物を愛でる。
岩場の上でナキウサギが飛び回って朝食をしているようで、『チッチ』 と泣き声が聞こえる。
 
 
30分ほど歩きガレ場の前まで来ると、今までの場所と異なりまったく草も生えていない場所だった。しかしガイドが指差す方向を見ると、直径20cmを越える釣鐘の形をした白い綿帽子を被ったセーター系の花がいくつも見えた。
 
 
こっちにも、あっちにもあった。
その横には黄色い花が咲いている。

まったく草も生えていないように思える場所でも、その土壌に適した植物がちゃんと植生しているのに驚きだった。

ガイドが違う場所を指すと1輪の花を咲かせたブルーポピーが見えていた。

 
幻の花ブルーポピーが咲いている…
 
私たちは4500mの高地にもかかわらず、 急いで傍に近寄った。
幻の花ブルーポピーが手にとれるところまで来ると、傍にもそしてその上にも、更に岩の裏にも当たり一面にブルーポピーが咲いていた。 
 
 
私たちは興奮の連続だった。
ブルーポピーの花びらに朝露がつき、透き通って滴が見えるのである。綺麗な水色や、濃い青色をした花びらまであった。ブルーポピーの背丈は15cmから20cmほど。一つ咲いているところの周辺を探すと必ず他のブルーポピーがあった。
 
 

持ってきたカメラで撮影に真剣。花のすぐ傍までレンズを近づけ、接写。 ここからでも30数株のブルーポピーを確認できた。これから咲き始める株もいくつもあった。
ガイドが傍によって来て、ブルーポピーに触れることを勧めてくれた。

 
 

かつて大阪の花博覧会で見た花が、今こうして実際に自分の手で触れることが出来たこと、感極まりなく、声が出ないほど感激した。ブルーポピーと戯れている写真を撮った。
ネパール人スタッフは、撮影が快適に行えるように私たちをサポートしてくれた。

 
 

一通りブルーポピーの撮影が終わると、私たちの希望を聞いてくれて頂上を目指すことになった。高度を徐々に上げるにつれ、道がよくなり安心して歩くことが出来た。頂上には見渡す限り彩の綺麗なお花が敷き詰められたお花畑だった。

 
 

花の大きさが直径10cmを越えるピンク色のキク科の花や、トラノオなどが咲いていた。
頂上に全員が立ち、スタッフと一緒に記念撮影。互いに写真を取り合い、キャンディーと水分補給をした。

 
 

だいぶ雲が覆ってきまので、用心の為合羽に着替えゆっくりと下った。帰路は少しコースを変えて下り、先ほど見た以外のブルーポピーもまた発見。すぐさま写真をパチリ。 
突然変異なのか、紫色をしたブルーポピーも一株見ることができた。

 
草地の尾根をおり始めていると雨が降ってきた。カメラを袋にしまい、上からカバーをかけて防水。
これからは自分の目にこの素晴らしい大自然の風景と、美しい高山植物の花のパレードを焼き付けながら下った。

私達のテントが見えてきた。テント場に残っていたキッチンスタッフが私たちを大声で呼んでいる。それに応えるようにガイドがネパール語で返事。

 
キャンプ地に戻る
 
11時45分テント場に戻った。到着に合わせてキッチンでは熱いジュースを用意してやって来た。1人ずつにオレンジジュースが配られ、笑顔満面で美味しくジュースをいただいた。
コックが私たちに英語で、ブルーポピーはどうでしたか?と尋ねると、『最高!』と返事!
一旦テントに戻りラフな格好に着替え、ダイニングテントに集まって昼食になった。
 
 

ダイニングテントには食器が並び、全員がそろい昼食が始まった。
昼食は野菜豊富なあつあつのうどん。

 
その後、チャーハンが出てきた。ウドンの食べすぎでチャーハンが食べれなくなってしまった人もいた。野菜のおかずも3種類出てきて、沢山食べた。

話題は、ブルーポピー一色。初めて見たときの事の興奮や、大阪の花博覧会でガラスケースに入ったものを見たときのこと、実際に触れてみた時の感想など、ブルーポピーのことで盛り上がった。テントの中の様子を見に来たスタッフも含めて楽しい昼食になった。

昼食後は自由行動だった。テント場周辺の散策やナキウサギ観賞など。自由な時間を思い思いで過ごした。夕食までの時間、本当に優雅で贅沢な感じに浸ることが出来た。
夕食についてコックからどのようなものを食べたいか、リクエストして欲しいと言ってきたので、私たちは『昼食を食べすぎ、あまりお腹が減っていないので、いつもより少な目の食事で御願いします』と、答えた。

 
夕食
 
コックは私たちの要望を聞いてくれ、夕食のメニューを考えて作り始めた。
夕方17時30分夕食が始まった。今日のメニューは卵どんぶりと天婦羅と野菜のおかず。しかし出てきたのは、昨日同様非常に多い料理だった。
日本人ガイドを通じてコックに理由を聞いたら、量の少ない料理は皆さんに対して失礼に当たるとのこと。『多い場合は遠慮なく残して欲しい。ネパールの習慣ですから・・・。残ったおかずはスタッフも食べるように多めに作っています。』とコックが説明してくれた。

半日の行程だったので、それほどお腹もすいていないし、食事を残しては申し訳ないという気持ちがあった。コックの理由を聞いて安心した。
デザートに少し温められたマンゴーのデザートが出てきた。

食事が終わる頃には当たりもすっかり暗く西の空だけが少し明るいだけだった。食器が片付けられると、湯たんぽが運ばれてきた。
ガイドより明日の予定について詳細な説明があり、『明日は山を下りキャンジンゴンパへ戻ります。今日ここにいないポーターも明日の朝ここに到着します。』明日ポーターに会えることや今日あった出来事のことを思い出しながら、天空のテント場の夜はふけていった。

 

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
8日目は、待ちに待ったブルーポピーの群落へ行きます。

朝露に濡れた花弁が透けて見えるブルーポピーを思う存分見ていただき、実際に触れます。

雨具と水筒とカメラを用意して出発です。

草木が全く生えそうもない場所がブルーポピーが咲く場所!

念願の花をやっと見ることができました

5000m程のピークに登り、今回の目的達成!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
8日目
 
 
 
 
 
 
 
8日目の行程

起床
6:00

朝食
7:15

出発
8:30

群生地 到着
9:10
写真撮影!

5000mのピークへ
10:00

キャンプ地へ
11:45

夕食

自由行動

17:30

就寝
19:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana