今日の行程は標高3800mのキャンジンゴンパへ。午後からゆっくりと自由散策して、ランタン谷を満喫。
 
今日もヒマラヤが見える朝だった
 
少しずつテントの中が明るくなり、雨の音もしない朝を迎えた。すでにテントの外では、スタッフが朝食の準備をしていた。
テントのジッパーを開けると、昨日同様にヒマラヤが見えている。むしろ昨日よりも綺麗に見えているようにも思えた。
私たちの様子を見に来たのだろうか?ナキウサギが岩の上でこちらを見ていた。音を立てた瞬間すぐに岩陰に隠れ、しばらくするとまた顔を出す。彼らの朝食時間と重なるのかも?
 
 
キッチンボーイがお茶と洗面器のお湯を一緒にテントの所まで運んできてくれた。
お茶をもらってすぐにテントの中から出た。
朝露に濡れた高山植物の向こうには、神々しいヒマラヤが聳えている。
 
 
ゆっくりと2杯目のお茶を飲み写真を撮ろうとすると、下の方から人の声が聞こえてきた。カメラで覗くと、歌を歌いながら私達が登る速さよりもずっと早い速度で上がってきているのである。あっという間に私達のいるテント場へ着いた。
 
キッチンボーイが彼らにミルクティーを配った。何杯も飲みながら、キャンジンゴンパで過ごした2日間の話をしているようだった。
 
朝食 キャンジンゴンパへ出発
 
朝食の準備が出来たので、ダイニングテントへ移動。すでに食器が並べられ、食事が運ばれてくるのを待つばかり。入り口のジッパーを全開にして、ヒマラヤが見えるようにしてあった。
お味噌汁とお餅の磯辺巻きがお皿に盛られて運ばれてきた。おかゆと梅干も一緒に運ばれ、私たちの前に置かれた。その後、砂糖で味付けされた甘い卵焼きが沢山出てきた。これで朝食は終わりかと思いきや、野菜の料理が2品出てきてびっくり。どの食事も美味しく食べられるので、体力の低下とは無縁に思えた。
 
 
食事が終わり下山する準備。ヒマラヤを見ながらゆっくりとテントの中を整理していく。ポーターに預ける荷物と自分で背負う荷物を分けて、用意が出来たら外へ荷物を出して、ヒマラヤと天空の花園を堪能する。
 
ガイドとスタッフが協力してテントの撤収をしていく。手際の良さをじっくりと見ている人もいるので、恥ずかしそうに撤収作業をするスタッフもいた。
 
 
全ての撤収も終わりキャンジンゴンパへ出発。只今の時間8時30分過ぎ。先頭にポーターたちが歩き、その後にコックとキッチンボーイが続いた。登りと違い彼らの足は軽快でまさに獣のように下っていく。最後にガイドと私達が歩き始めた。
 
テント場の清掃と確認をスタッフが行い、一路3800mのキャンジンゴンパへ。
先日登ってきた道と同じ道を下りながら、ランタン谷の眺望を楽しみながら歩いた。
あっという間にカルカのところに下ってきた。20分ほどゆっくり休憩をして、足の疲れをしっかりと取った。ここはランタン谷の景色が非常に美しく見えるポイントであり、サクラソウの群生とアネモネの花が競演しながら道を彩っている。
 
 
再びガイドの合図でストックを突きながらゆっくりと下山。道はしっかりとついているため問題はなかった。はるか先に、ポーターやキッチンボーイが歩いているのが見える。彼らの様子を見ながら私たちは歩いた。
 
 
大きな岩の間につけられた道を下り、平坦な場所に出てた。両側には色々な色の花が背丈の大きさまで成長して私たちの視線の高さで咲いている。
 
 
川の傍までやってきた。水量が少ないので、通常の場所を進むことになった。ゆっくりと川傍まで近づいてから、ガイドの手を握りながら安全に渡渉した。
 
全員が無事渡り、再びスタート。この後は平坦な道がキャンジンゴンパまで続いた。 行きには気づかなかった、とげとげしい花のマツムシソウ科の群落も見れた。

すでにスタッフが私たちの荷物を部屋に入れてくれ、キッチンでは昼食の準備が始まっていた。
到着に合わせて温かいレモンジュースが配られ、ゆっくり飲んでいると、オーナー夫妻も出てきてくれた。ガイドはオーナー夫妻と愉しく会話。ジュースを飲み終えた人から部屋に戻り、楽な格好に着替えてきた。昼食まで自由行動。私たちは村の散策に出かけた。

 
昼食
 
暫くして、キッチンボーイは『昼食が出来た』と大声で叫んだ。その高々な声は澄みきったランタン谷にこだました。ネパールでは時々大声で人を呼ぶ習慣があり、日本と違って声が遠くまで届くのである。
雨になりそうなので、ダイニングを利用しての昼食になった。
 
 
先ず出てきたのは、野菜をふんだんに入れたクリームシチュー。その後にトマトを使ったスパゲッティー。どれも本当に口に合うよう作られている。
スパゲッティーの茹で加減もちょうどよく、この高地でこれほどにも美味しく作れるのには関心。
 
 
食事が進み、次はきのこと野菜を使った炒めものが出てきた。漬物やインゲンのおひたしも出てきた。私たちの皿に盛られたスパゲッティーが少なくなると、キッチンボーイが急いで盛っていく。
 
ガイドより『 午後はフリーです。私も皆さんとご一緒に行動しますので、遠慮なくおっしゃってください。また他のスタッフも同行しますので、幾つかのグループに分かれても構いません』と。準備の出来た人から村へ散策に再び出かけた。ガイドと一緒に同行したので興味深々。

ガイドの友人がキャンジンゴンパにいるとのこと。その家に行き彼らの宝飾を見せてもらうことを御願いした。
学生時代、卒業論文を書く為、ランタン谷を訪れ長期滞在していた関係で、多くの知人がいるそうである。
タマン族が建てたロッジには必ず祭壇があり、そのすぐ傍には金庫を兼ねた大切な衣類や宝飾を入れた鉄製の入れ物があるとのこと。特に慕いし友人の家でタマン族の伝統な飾りや宝飾を見ることが出来た。トルコ石と山珊瑚を使ったチベット系の宝飾と、ジーストンと呼ばれる高価な石を見せてもらい感激。ゆっくりと彼らの生活習慣を垣間見ながら、そして彼らと一緒に話をしながら散策を楽しんだ。
16時前にはロッジに戻り、ティータイムが始まった。

温かいコーヒーや紅茶、日本茶を飲みながら楽しい会話に華が咲く。飲み物用のお湯がなくなるとキッチンボーイが改めて作ってきてくれた。

 
夕食
 
夕方6時からの夕食までゆったりとした時間が過ぎていった。ストーブにも火が入り、ポカポカした部屋は肌着ともう一枚の服装で十分。キッチンからお餅を拝借し、ストーブの上で餅焼きが始まった。しょうゆと一緒にいただく簡単なものだったが、それが美味しい!

いつの間にか夕食時間になり、キッチンの方からは美味しそうなカレーの匂いがしてきた。カレーがお皿いっぱいに入って運ばれてきた。酢の物や炒めものなど次から次へ出てくる。その後、おでんまで出てきた。ティータイムからずっと食べているのだが夕食も全て食べてしまった。
薪を焚きながら食べる夕食は最高に気持ち良く、精神的にも充実。食事も終わりお茶とデザートをストーブの前に座りながらゆっくりといただいた。
ストーブ越しに見る対面の人の顔が熱気で揺れて見えた。普段の生活では見ることの出来ない現象がここではごく普通に見えるのが愉しく、会話がどんどん弾んでいく。

キッチンボーイが湯たんぽを持ってきた。それほど寒さを感じないので、湯たんぽを使わなかった。ストーブの火が消えるまで楽しい会話が続き、お花畑の真ん中に建っているてロッジでゆっくりと休んだ。

 
 
 
 
お花好きな
ご婦人にお勧め
 
高山植物を毎日見ながらトレッキング
 
今日も朝からヒマラヤを見れるとは・・・

天空のお花畑に2日間も宿泊していたなんて・・・

ブルーポピーの写真を、たくさん撮れたカメラもザックに入れて・・・

ロッジのあるキャンジンゴンパを目指します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9日目
 
 
 
 
 
 
9日目の行程

起床
6:30

朝食
7:15

出発
8:30

キャンジン到着
11:30

昼食
12:15

午後フリー
13:30

ロッジに戻る
16:00

夕食
18:00

就寝
20:00

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana