ネパール最初の朝・・・
今日から始まるトレッキングで気持ちはヒマラヤに。
 
トレッキング当日の朝
 
朝6時にレセプションからのモーニングコールで目が覚めた。
というよりは、それ以前からすでに目が覚めていて、朝食が待ち遠しいかった。
水筒を持って1階のレセプション前に集合。 みんな揃ってホテル内のレストランへ。すでに他の泊り客が賑やかに朝食をしていた。
 
 
6時半から私たちの朝食が始まり、コンチネンタルスタイルのビュッフェ(洋食)。 好きなものを好きなだけ食べていただける食事。あつあつのパンや無農薬野菜をふんだんに使用した炒めもの、100%のフレッシュジュース、濃厚な味のヨーグルト等、お腹いっぱいに頂いた。
 
給仕が私たちに、コーヒーと紅茶を沢山用意してくれ、新しいお皿に取り換えてくれる。
食事がほぼ終わった頃を見計らって、日本人ガイドが私たちの水筒を集め、ホテル側にお湯やお茶を入れてくれるように指示をした。
7時半に再度手荷物だけを持ってレセプションに集合することを聞いて、一旦部屋に戻り、最後のパッキングをした。
重たい荷物とホテルに預けていく荷物は廊下に出し、後でポーターがフロントまで運んでくれるようになっていた。

7時45分にガイドが、参加者の荷物を確認。ホテルに預ける荷物にタグをつけ、半券を私たちに渡した。トレッキング中に使う荷物を車に積み込んだ。最後にトイレを済ませ、専用車に乗り込む。
空港まで20分。朝霧が立ち込める幻想的なカトマンズ市内。しかし街はすでに動いていた。
カトマンズでは学校の教室不足の為、朝6時から学校が始まる。家の手伝いをして遅刻して学校に行く子供も珍しくないとのこと。
ツーリスト向けの店はまだ閉まっているが、現地人を相手にするお店は殆ど開いていた。

どのお店も朝の掃除を行い、道路に水を撒いて埃を立たなくしていた。最後にお香を焚き、1日の商売の繁盛を神様にお祈りして仕事が始まる。
空港に近づくと、ツーリストを乗せた車が続々と空港内へ入っていく。
入り口で警察官による検問があり、IDカードを見せて、一路国内線ターミナルへ。 国内線といっても体育館程度の大きさで、びっくりするほど小さかった。

 
空港へ到着
 
 
駐車場に車を止めて、私たちの荷物を下ろそうとすると、ポーター達が群がって、我先に荷物を下ろそうとする。
1人だけポーターを雇い、日本人ガイドと一緒に国内線の建物へ。後ろからポーターが全部の荷物を抱えて、後をついてきた。
 
建物の前でチケットの有無をチェックし、中へ。
すぐに手荷物のX線と身体検査。日本人ガイドが1人ずつ通訳してくれるので、安心して前に進んでいくことができた。

全員の身体検査が終わり、ポーターが大きい荷物をX線に。私たちはベンチに座って日本人ガイドや空港職員の仕事を見ているだけ。全部の検査を終え、航空会社の前に並んでチェックイン。搭乗券をもらう。

搭乗券には便名のみ記載され、座席番号はありません。何処を見ても記載されていないのである。
えっと思われるが、これが国内線のチケットなのである。搭乗券を握りしてしめ、出発ゲートに向かった。その前に手荷物検査。再度ガイドが通訳してくれ、その先の個室で再度身体検査。ここではナイフ類とマッチやライターの有無を念入りに調べられた。無事終了すると搭乗券の裏にサインをして先に進んだ。

 
 
出発ゲートの中にはインターネットカフェや売店などがあり、もちろん喫煙ルームも。
売店でもタバコが売られているのでご安心を。
 
ネパール的な空港
 
出発時間が近くなってくると、航空会社の人が入れ替わり立ち代りして、便名と行き先だけをアナウンスして搭乗予定者を集めるのである。

モニターによる案内表示もあるのだが、更新されないので役にたたない。
自分の飛行機かどうか常に聞きにいかなければならないが、ネパール語の話せる日本人ガイドなので、全く心配が要らなかった。

 
 
私たちが利用する飛行機の案内がされていることをガイドによって知り、ガイドの後を歩いて空港外に待っているバスに乗り込んだ。
その前に再度ボディーチェック。マイクロバスに乗車。バスは待機している飛行機前でストップ。乗客は急いで、飛行機の入り口へ・・・ 。
 
実は早い者勝ちで飛行機の座席を取るのである。
だから早く飛行機の前に並び、ヒマラヤの山々が見える進行方向の右側の席を取らなければならないのである。
 
 
初めてネパールに来る人は、まったく理由を知らないので、ゆっくり列の最後に並んでしまうだろう。 あらかじめ日本人ガイドよりその理由を聞いてあったので、他の方も我先にと列の最初に並んだ。そして搭乗。スチュワーデスの案内で、右側の席から順に埋まっていった。
 
最後にガイドが乗り込んだら、すぐに飛行機は出発! 滑走路に飛行機を進め、管制塔からの指示に従って加速を始めた。乗客18人を乗せた飛行機は、200km西のポカラへ向けて出発!
 
目線の高さでヒマラヤが…
 
 
高度が徐々に上がるにつれ、上空の薄い雲が手に取るようになってきた瞬間、北側には雄大なヒマラヤが雲の上に顔を出していたのである。
ヒマラヤまで直線で30kmの距離を保ちながら、30分間続くマウンテンフライト。
 
 
高度は4000m前後で、真下には2000m級の山々が見えた。どの山も段々畑が頂上付近まで作られており、まさに段々畑で地図の等高線を描いているような風景が広がっていた。
 
カトマンズの北に聳えるのはランタン山群の山々。そしてトリスリ川を挟んで次に見えてくるのがガーネッシュ山群の山並みです。
右側の席に座っている人たちは、すでにカメラを手にとってシャッターチャンスを狙っていた。

左側に座った人も身体を右側に寄せ、空いている窓からヒマラヤを眺める。
コックピットの扉も開いているので、前方からもヒマラヤも良く見えていた。

 
 
前方に槍ヶ岳のような山が見えてきた。それはマナスルだった。
日本人に一番馴染み深い山。マナスルが真横に。PK29とヒマルチュリのマナスル3山が一番綺麗な形で見え、思わずシャッターをきった。
 
前方にはアンナプルナ山群が見え始め、ひときわ大きい山はアンナプルナ2峰(7900m)。その背後に8091mのアンナプルナ1峰。
マッターホルン似のマチャプチャレが見えると、ポカラの街は近かかった。
9時30分過ぎ、大きな湖の傍にあるポカラ空港へ国内線はすべるように着陸した。

ポカラの街は湖の北側に大きな集落が形成され、風光明媚で有名。
飛行機の扉が開いた瞬間、外気が暑いのにびっくり。それもそのはず、ポカラの標高は800mで、亜熱帯の気候。

 
空高く屹立する峰々
 
 
最初に目に入るのがマッターホルン似のマチャプチャレ(6994m)。
比高差6000mで天空を突き刺すように見えた。麓から頂上まで何一つ遮るものが無いマチャプチャレの山容に度肝を抜かれ、これから始まるトレッキングに興奮してしまった。
 
すでにスタッフが首を長くして私たちを待っていた。
スタッフにトレッキングの大きい荷物を預け、専用車に乗り込んで出発!
街の何処からも見えるマチャプチャレを見ながら、一路トレッキング出発地点のナヤプールまで1時間のドライブが始まった。

ポカラ市内を抜けると広い畑地に出た。そこに一本の舗装した道が・・・そこを80kmのスピードで走り抜けて行く。
しかし風景が大きいせいか、まったく先に進んでないように感じてしまう。
牛や水牛の群れが道路の横を行儀良く歩いているのもポカラならではの風景。
公共バスが近づいてくるとバスの乗客が屋根の上にまで乗っているので、びっくりした。

山道を登り始めると今まで山の陰で見えなかった、他のヒマラヤが次から次へと見えてきた。
どの山も7000m以上の標高があり、真っ白な雪を沢山被っている。
日本人ガイドの説明でマチャプチャレの所以(ネパール語で魚の尻尾)を教えてもらった。各山の歴史、この地域に住む民族の話を聞きながら車はヒマラヤの風景を抜けて行った。

ノーダラ村で一旦車から下り、ヒマラヤの全貌を写真撮影。 トイレ休憩も兼ねて10分程停車。
私達が写真を撮っていると、大きなお盆にジュースやピーナッツを載せて、しきりに売り込みを始める。
私たちのカメラに興味をもって、自分の写真を撮って欲しいと願い出てくる子供も現れた。
彼らの目は本当に澄んで綺麗な瞳をしているのである。私たち日本人が生活の中で失った澄んだ瞳を、ネパールの山岳民族は皆持ち続けているのである。

 
待ちに待ったトレッキング
 
車を走らせ、ナヤプールに到着!10:30分頃到着。
私たちのポーターが道路の真ん中まで出て来て、迎えてくれた。ポーター頭が私たちのトレッキングの荷物を上手に同じ重さになるよう手際よく振り分けていく。

いよいよトレッキングのスタート。私たちはここでトレッキングシューズに履き替えたり、ストックを出したり、トレッキングの支度した。
出発前に近くのロッジでトイレを借り、準備体操をしてから出発。

3月なのに蝶やバッタが飛んでいて、そして何よりも驚くのが、セミの声がシャンシャンと聞こえるのである。
目の前には雪を頂くヒマラヤなのに下界は真夏の状態。気温25度で少し汗ばむ陽気のなか、トレッキングがスタート。

 
 
ナヤプール村はこの地域の玄関口である。
そのため荷役用のロバが沢山おり、荷役の仕事があれば、1頭60kgほどの荷物を背負って、隊列を組んで歩いく。先頭のロバには立派な化粧飾りが付けられ、どのロバの喉にも大きなロバベルが付けてあり、カランコロンと鳴り響くのである。
 
バザールは100mほどでこじんまりしているが、食料から電器製品、薬や建築資材まで、都会の町並みと殆ど変わらない商品であふれていた。
金細工の店では職人が指輪を加工し、CDショップからはインド系の音楽が流れている。
誰の家で飼われているか分からない鶏がゆっくりとひよこを連れて歩いている。ヤギの群れがやってきて、動物園の中と思うくらい家畜が放し飼いされてるいた。

20分ほど川に沿って街道を歩くとビレタンティー村に入った。
一軒のロッジの前で、キッチンボーイが私たちに手を振って合図している。
ここで、お昼の準備をしていたのだ。

ゲストの到着に合わせて、冷たいオレンジジュースが運ばれ、渇いた喉を潤す。
大きなコップに入ったジュースをもっと飲んで欲しいと継足す。

その後、手洗い用のバケツと石鹸とタオルが用意され、順々に手洗い。
ガイドが食事が運ばれる場所へ案内し腰を下ろして待つ。
頃あいを見計らって、3人のキッチンボーイが次から次へとあつあつの日本食を運んできた。

 
 
お皿にハムと卵の入ったサンドイッチと、ポテトサラダ、更に野菜の炒めものが2品、インゲンのおひたしに、お漬物・味噌汁とご飯・・・そしてマンゴーのデザートが配られ・・・ ゆっくりと1時間の食事を愉しんだ。そして出発。。
 
すぐ先の吊橋を渡り、たもとにチェックポストがあった。トレッキング許可書を見せ、アンナプルナ保護区へ。私たちは左側の道へ。これから本格的なヒマラヤトレッキングが始まった。
なおも川に沿って作られた道を進んでいくと、数件の村が現れ、家の横に大きな水牛が横になって日向ぼっこしています。
庭先に竹で編んだ箱があり、そこに布がかけてあるのが見えた。

日本人ガイドがここで質問を出す。さてこの箱は何でしょう?と みんなが答えを考えるのだ・・・
答えは赤ん坊が今ここに入っていますと。この竹で編んだ箱はネパールの揺り篭だった。静かにその布を上げてみると、赤ん坊が目をこちらに向けて微笑んでいるのである。

今度は綺麗に積まれた石段を登り次の村へ。畑の畦の横を通りながらゆっくりと歩いていった。
何処からか水色の制服を来た子供達がやってきた。
まだ5歳程度の子どもの様に見えるのですが、実は8歳の子供達。
学校から帰宅する途中で、家はどっちと尋ねたら、向こうにある山の中腹を指して、またまたびっくり。

私はガイドにこのあたりの村には電気は来ていないのですか?と尋ねると電線見えました?と逆に尋ねられ、では夜はどうするの?と尋ねると、あなたならどうしますか?とまたまた尋ねられ、困惑した。『ここではその生活が今でも当たり前のようにあります。』

日本にいると当たり前のように使うことができる電気もここでは、まったく贅沢なものなんだと感じた。
1時間歩いて休憩!そして30分歩いて休憩。

 
日本の山登りのように歩くことのみに専念するのではなく、思う存分ヒマラヤの景色を眺め、自分のペースで歩くのがヒマラヤトレッキング。
気に入ったところで、珍しい動物や可憐な花を見て写真を撮ったり、山岳民族の伝統的生活を垣間見ながらゆっくり歩くのがここでの歩き方だと思う。
夕方3時過ぎに今日の宿泊地 ヒレ村に到着。
 
 
ナヤプールで預けた荷物がいつの間にかポーターによって運ばれ、すでにテントまで張られた状態で、スタッフがまた私たちの到着を待ってくれた。
到着と同時に、暖かいオレンジジュースが運ばれ、ガイドの案内でテントへ。
 
テント内で荷物を出し入れしていると、各テントに洗面用のお湯が運ばられる。
トイレ場所の案内と食事の時間をガイドが一つひとつ丁寧に説明してくれた。

テント場をよく見ると私たちのテントの少し離れたところにスタッフ用のテントが作られ、夜間の警備として使うとのこと。
警備は物取りの心配と家畜が夜侵入してこないかという2つの意味があるそうだ。夕食時に備えて、暖かい服装とヘッドライト、それから水筒を持ってきてくださいと説明があった。

夕方6時30分ごろからテント場に併設の暖かいダイニングで夕食が始まった。
先ずは、ポップコーンが配られ、その後にすき焼き、温野菜サラダ、ご飯、味噌汁、漬物とお茶・コーヒー、紅茶が用意。
どの食事もできたてのもので、熱くて美味しいものばかり。もちろん野菜は無農薬野菜。

今日は約3時間の歩きだったけど、お腹がすいて思いっきり食べた。
他の方お代わり続出!それに応えるように日本人ガイドを含めスタッフ4人で給仕を行い、夕食のひと時を愉しく過ごした。

ヒレは標高が1500m前後。それほど夜間の冷え込みがきつくない為、夕食後外で満点に輝く星空を見ても寒さは気にならなかった。

夕食の終わりに、水筒にお湯を入れていただき、夜間喉が渇いたら是非積極的に飲む説明を受け、また就寝後の寒さの心配があった人は湯たんぽもらっていた。
明日のトレッキングのポイントと出発時間等の説明を聞き、テントへ入りました。

ヒマラヤの夜を始めて迎え、興奮と一日の思い出でなかなか眠れなかった。
日本では見ることの出来ない満天の星空を見て感動に浸った。

 
 
サパナのトレッキングのスタッフ達
 

日本人ガイド:1名

ネパール人ガイド:参加者の数により1名から4名が同行
日本人ガイドのアシスタントとしてお手伝い。トレッキングの経験も豊富で、日本語を話す。

コック: トレッキング中の日本の食事を作るコック。
少し日本語が分かりますが、もっぱら美味しい日本食を作ることに燃えている。
ネパールの食事は苦手。

キッチンボーイ:通常3人。多い時は6人ほどになる。
コックのもとで料理の下ごしらえを行ったり、食事の給仕を行う。

ポーター: 参加者の荷物やテントなど装備一式を目的地へ的確に運ぶ。
ポーターの頭を中心に隊を作って、お客様より先に目的地へ荷物を運ぶ。5人以上になることも。

 
 
 
初心者におすすめ
 
ゴレパニ村へ9日間で巡るトレッキング
 
小さい国内線や、専用車に乗ったり、歩いたり・・・と忙しい!
いざ国内線に乗り込み、ヒマラヤの景勝地ポカラ直行!
青空に向って聳える神々しいヒマラヤに圧倒され・・・
出迎えスタッフと合流し、専用車でヒマラヤドライブ!
ポーターたちが私たちを待っててくれた。
日本の昔のような世界へタイムスリップ!
 
 
 
2日目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日目の行程

起床
6:00

ホテルで朝食
6:30

空港へ
7:45

カトマンズ出発
9:00

ポカラ到着
9:30

ナヤプール着
10:30

ビレタンティー着
昼食 11:10

ビレタンティー出発
12:20

ヒレ 到着
15:10

夕食
18:30

就寝
20:20

 
DATE
宿泊地: 
ヒレ 村
標高1500m

宿泊形態:
テント泊

食事:
日本の食事

歩行時間:
3時間10分

高低差:
300m

 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana