ヒマラヤの大展望地プーンヒル(3200m)へ。
展望台から東西140kmに連なるヒマラヤの峰々が手に取るように見える。
2000m眼下にはチベットから流れてくるカリガンダキ川が7000mの渓谷を作り・・・
ゴレパニの小学校へ文房具を届けるボランティア。
 
熱いお茶で目覚め
 
早朝4時、キッチンボーイが『おはようございます』 と声をかけながら熱い紅茶を運んできた。あたりは未だ真っ暗で、月と星が最後の輝きを見せていた。
 
 
紅茶をフーフーと冷ましながら乾いた喉を潤し、身体の中から急に温まった。 テントの中で、ヘッドライトをつけながら、眠たい目をこすり、暖かい服装に着替。 頭には毛糸の帽子、ダウンジャケットに手袋、トレッキングシューズ。 そしてリュックサックにカメラ一式を入れて、テントの外へ。
 
月明かりに照らされたヒマラヤがうっすらと白く見えていた。 キッチンボーイに手持ちの水筒を預け、再度紅茶を飲みながらビスケットを食べ、寝ている身体を覚ました。 熱いお茶が入った水筒を受け取り、ガイドの指示に従って、プーンヒルの丘へゆっくりと歩きだす。 所々石段になっている道だった。
 
 

徐々に東の空が明るくなってきたが、日の出まで未だ時間がありそうだった。 10分歩いては休憩し、少しずつ高度を上げていく。 およそ50分登ると、丘の頂上が見えた。 
  草地の中に火の見やぐらの展望台が。
 
ハァハァと呼吸を整えながら3200mのプーンヒルに到着。日の出はもう少し。 プーンヒルには300人程の人がすでに登っていて、ヒマラヤの向こうから太陽が出てくるのをじっと待っていた。
 
感動の光景
 
 
そして待ちに待った日の出の瞬間。太陽の光が一番高いアンナプルナ1峰に当たり、頂が白色からピンク色に変化するのである。そして他の山にも陽射しが当たると、すでに1峰の色は黄金色に変わっていた。私はその様子をじっと見つめながら、感動の境地に浸っていたのである。大自然のドラマの幕開だった。
 
 
次から次へ陽射しがあたり、人々はここぞとばかりにカメラ撮影に専念。 あまりにも神々しいヒマラヤの夜明けに思わず歓声をあげる人、感動のあまり涙を流す人も。 
目の前には東西140kmに連なるアンナプルナ連峰とダウラギリ連峰が聳え立っている。
 
 
私たちとヒマラヤの間には何一つ遮るものは無く、さわやかな風が抜けていくだけである。 遥か眼下にはチベットから流れ出すカリガンダキ川。世界最深の渓谷(7000m)を築きあげていた。 
 
ふと目線を下ろすと真っ赤に色づいた石楠花。山の色を赤く染め、何処までも高く透き透る青い空、穢れ無きヒマラヤの白、躍動感みなぎる石楠花の赤のコントラストが非常に美しかった。
ここからの風景を見るために、世界中から多くの人がここを訪れ、ヒマラヤの大自然を身体いっぱいに感じていると確信した。
2時間ほどヒマラヤの大パノラマを愉しみ、ゴレパニ村へ戻った。
すでにコックが朝食の用意をして私たちを待っていた。
 
ヒマラヤを見ながらの朝食
 
テント場に特設テーブルが用意されヒマラヤを見ながら朝食を執った。冷えた身体に、暖かいお味噌汁とご飯、そして目玉焼きに佃煮と梅干と野菜の煮物の朝食。日本食をいただきながらヒマラヤを見る贅沢な時間を愉しむ。

朝食後は自由行動。村の様子を見に行ったり、テントの中の整理をしたり、水道を借りて衣類の洗濯など、ヒマラヤを見ながら自由な時間を過ごした。

 
 
スタッフたちもゆっくりと日向ぼっこをしながら、歌を歌ったり、持参してきた横笛をヒマラヤに向かって吹いたりと、絵になるような時間を過ごしていた。
  コックはお昼の食事の準備とただ1人忙しく、メニューを考え私たちの期待にこたえるようがんばってくれているようだった。
 
スタッフの演出
 
お昼の時間になり、みんながが集まってきた。  私たちの意向で屋外での食事になった。暖かい手洗いのお湯も用意された。 そして、昼食が運ばれ、大きいお皿にオムライスが。その上にスタッフの名前がケチャップで書かれていた。 
自分たちの名前をゲストに覚えていただきたいという気持ちから、このような演出になったのであろうか。

次に地鶏のカレー風炒めもの、ポテトフライ、そして焼きそばとブロッコリーの温野菜が出てきた。どれも非常にボリュームがあり、見ているだけで満腹になりそうだった。 スタッフの気の利いたサービスでお腹も心も一杯です。 最後に熱いコーヒー、紅茶、日本茶が運ばれてきました。

 
ボランティア
 
ゆったりとした昼食であった。日本人ガイドが・・・サパナが行うボランティアの説明をさせていただきます。
滋賀県の大津市の小学校のボランティアクラブの子供達が使い古しの文房具を集めてくれました。その文具をゴレパニの小学校の子供達に手渡しするというボランティア活動です。
 
 
日本の子供達は沢山のものに囲まれ暮らしていますが、ネパールの子供達は勉強するにもノートや鉛筆など、必要最小限のものも十分ではありません。サパナのボランティア活動が日本の小学生の教育に繋がり、ネパールの子供達の学ぶ環境の充実に繋がればと願っています。
 
 
私達が訪れる小学校は、ここで生まれ育った子供が通うのではなく、幼くして親元を離れこのあたりのロッジに住み込みで働いている子供達が主に通う小学校です。
皆さんにそのゴレパニの小学校へ訪問していただき、日本の小学生が集めてくれた文具をネパールの子供達に渡していただきたいと思います。  
説明後、文具を持ってゴレパニの小学校へ行った。
 
小学校訪問
 
この小学校には先生をはじめ15人の生徒が通っているとのこと。私たちは文具を生徒1人ずつ手渡ししていく。
子供達に質問があれば、すぐに日本人ガイドが通訳をしてくれ、生徒との貴重な交流ができた。

子供達がお礼にネパールの歌を歌ってくれた。ヒマラヤに響く歌声は私たちの胸に深く染み込んで行くようだった。 先生からお礼の挨拶とネパールの教育事情の話を聞いた。すべてガイドが通訳。

 
 
先生:『すべての子供が学校に通っているのではありません。しかし来れる時なるべく学校に来て欲しい』 と。  最後に狭い教室で一生懸命勉強している授業風景を見学した。
 
 
『ヒマラヤトレッキング』 を普通のトレッキングに終わらせず、現地の暮らしに一歩も二歩も踏み込んで、非常に貴重な体験ができるトレッキングを行ってくれた。  その後、夕食時まで各自でのんびり過ごした。
 
夕食時は昨日同様にダイニングの火を囲みながら暖かい食事。現地で取れた新鮮で無農薬の野菜を使ったものとのこと。最後の陽射しがヒマラヤの頂から消えると、急に気温が下がってくるのを肌で感じた。空もすっかり暗くなり、キャンドルの明かりのもと、今日一日の思い出を語りながら、楽しい食事が始まった。スタッフも機敏に給仕の仕事を行ってくれる。

私もだいぶトレッキングに慣たような気がしてくる。一つひとつの動作がゆっくりと、そして時間を愉しんでいるように感じることができるから。私の瞳の輝きもネパールに来た時よりも、ずっと輝いていると思った。今晩もこのゴレパニ村で休み、翌日のトレッキングに備え、20時に就寝。

 
 
 
初心者におすすめ
 
ゴレパニ村へ9日間で巡るトレッキング
 
4日目は、ゴレパニ村から朝夕に焼けるヒマラヤをじっくり堪能!

眠たい目を擦りながら朝4時に起床

日の出に絶対に間に合うように歩いて…

一番高いヒマラヤの頂上から朝陽があたり…

2800mにある小学校へ訪れ…

夕陽に染まるヒマラヤを見ながら…

 
 
 
 
 
4日目
 
 
 
 
 
 
 
4日目の行程

起床
4:00

テント場で紅茶
4:00

出発
4:30

プーンヒル到着
5:30

神々しい
ヒマラヤを愉しむ

ロッジに戻る
8:20

朝食後 自由行動
昼食 12:00

小学校 訪問
13:40

その後自由行動

夕食
18:00

就寝
20:00

 
DATE

宿泊地: 
ゴレパニ 村
標高2800m

宿泊形態:
テント泊

食事:
日本の食事

歩行時間:
2時間
※休憩時は含めない

高低差:
400m

トイレ:
清潔で良い


 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana