対峙するように聳えるマチャプチャレ 
天まで届きそうな段々畑を通り抜け・・・
強い絆で結ばれたゲストとスタッフが互いに喜び合う最後の夜。
スタッフが奏でる民族音楽でダンスパーティー
 
昨晩の興奮冷めないヒマラヤの朝
 
昨日の民族踊りの余韻が残る晴天の朝を迎えた。今日の朝も、寝過ごすことなくキッチンボーイの運んでくるお茶で目が覚めた。朝露に濡れたテント外張りが、陽射しの熱で湯気が立っている。
 
 
テントから数歩歩いただけで、アンナプルナサウス、ヒウンチュリ、マチャプチャレが真っ赤に染まっていた。思わず歓声をあげてしまう。
ゴレパニで見てきた山が、まったく別の山のように見えるのである。頂上には雪煙が飛び、今日の天気も良いだろうと思う。
 
テントに戻りスタッフが運んでくるお湯で洗面を行う毎日もすっかり定着し、心地よい朝の洗顔は、心をリフレッシュしてくれる。
朝食の用意ができるにあわせて、ダイニングへ移動。ネパール人スタッフがテキパキとテントの撤収をおこなっている間、私たちの朝食が始まった。熱いお茶を飲みながら、6日目の朝も天候が良いことに感謝。
 
 
わかめ入りのお味噌汁に、ご飯と卵焼き、ピーマンとトマトの炒め物、佃煮と高菜の漬物。そしてふりかけ。コックが毎朝5時から私たちの朝食を用意してくれることに感謝しながら、美味しくいただく。
普段日本では少食な方でもここでは、沢山食べてしまうのが不思議なくらい。
 
圧倒するヒマラヤ
 
朝食も終わり、いつものように水筒にお茶を入れてもらう。ストックの長さを調整し、全員の支度ができるまで、外でヒマラヤを鑑賞。
 
 
直線距離にして10kmほどのところに7000m級の山が立ちはだかっているのが、不思議なくらいに思えてしまう。見れば見るほど、首が痛くなるくらい見上げなければ見れないヒマラヤに言葉がでない。
 
8時出発。テント場の主人に別れを告げ、一路今日の宿泊地シャウリバザールへ歩き出す。傾斜のゆるい樹林帯の道を下り、樹間からときより顔を出すヒマラヤを見ながら、歩く。

50分ほど歩いたところにバイシカルカという村。トイレを兼ねて休憩。ロッジのおばさんが顔を出してナマステ(おはよう)と話しかけてくれた。

休憩を終え、再び下っていきます。先ほどより急な斜面を下る為、気をつける場所です。少しずつ標高が下がるにつれ、額や背中に汗を感じる。登りよりもさわやかな汗をかきながら、先を進む。

 
無数に生える蕨
 
2時間ほど歩いてきたところで、樹林帯を抜け草地に変わった。そこには日本の蕨と同じものが、それも小指並みの太さで沢山生えていた。他の人と一緒に蕨をとりながらのトレッキングに変更。
ザックから買い物袋を出し合い、より大きく、太いものを選びながら採った。10分ほどの時間にも関わらず、買い物袋いっぱいの蕨が取れ、ガイドに渡してゆっくりと下る。

朝方雲ひとつなく見えていたヒマラヤの景色も、日中の熱で少しずつ雲が沸いてきた。
 
 
山道から、石の敷き詰められた生活道に変わると、ガンドルン村も近かった。
蕨とりで夢中になっていた間に通りすぎていったコックたちが、村のテント場ですでに昼食の準備をしていた。先ほど取れた蕨をコックのいるところへ運び、料理してもらう。
 
日本食を専門とするコックは、蕨を早速熱湯の中であく抜きをし、蕨の食事を楽しみにして待つ。
 
グルン族の文化
 
キッチンボーイが私たちを探しながら、ジュースを配る。
私たちは、昼食ができるまでの時間、グルン族の生活様式を見に行った。軒先ではミツバチを飼い、機織で伝統の織物を作り、畑では色々な野菜を無農薬で作っている様子を見ながら、日本人ガイドが説明してくれた。
 
 
色々と興味深い文化や習慣を見ている間に、美味しい香りがしてきた。
汗もすっかり乾き、心地良い風が吹き抜けていく中で、昼食が始まった。チャーハンとトマトスープが出てきた。目の前で引き抜いてきたにんじんを使った、野菜サラダも。たまねぎ、ピーマンとなす、きゅうりを刻んだ炒めものと白菜のキムチ。
 
たくさんの食事で満腹になった。
デザートに甘酸っぱいモンキーバナナが運ばれ、サルの気持ちになって美味しくいただいた。
 
再び出発
 
 
昼食も済み、準備が整って、午後のトレッキングが始まる。
これからは石畳の道を下り、川傍のシャウリバザールまで、700mの下りが続いた。ガイドより、下りの歩き方の注意とポイントを教えていただき、それを実行していきます。快適な下り道にも関わらず、20分程度おきに休憩を入れた。。
 
石畳を歩いていると、反対側の山の中腹には大きな集落が見え、トレッキング道がいたるところへ通じているのが確認できた。
民家の無い場所は川底から400mほど上部まで段々畑が作られ、小麦が生えています。

私たちの道もいつの間にか段々畑の中へ入り、手に取るように畑の様子が分かる。畦は、泥を積み重ねた程度のもの。水平の畑もあれば、傾斜のある畑も沢山見受けられた。脱穀をしたばかりの畑には鶏が穀物をついばんで走り回っている。

前方に大きな集落が見えてきたのが。それがシャウリバザールの本村。縦に長い集落に学校もあり、賑やか。
私たちの宿泊地も前方に見えていた。すでにテントを一つずつ設営している様子がはっきりと見えていた。これから10分ほどかけて歩くとテント場に到着。

キッチンからは煙があがっていた。テント場に着くと、冷たいレモンジュースが配られた。
ここの気温は25度。セミが鳴き大きな樹の上に野生の蘭が着生しているのが確認できた。2ヶ月もすれば白い蘭が咲くらしい。アゲハやイシガキ蝶など10種類ほどの蝶が舞っていた。

テントは網戸だけが閉められ、風通しの良いテントに仕上がっていた。暖かいお湯が配られ、汗を拭く。Tシャツの装いに代え、川のほうへ散歩に出かけた。川では現地の人が釣りをしていて、餌を付けず、針も付けず20cmほどの魚を釣っていた。時々その仕掛けで魚がつれるので、びっくり仰天した。

夕刻まで、読書に時間を使ったり思い思いのスタイルでのんびり過ごした。夕食の準備ができ、私たちはダイニングへ移動。
日本の香取線香が夜間の虫除けとして置かれ、夏のにおいを醸し出していた。

 
トレッキング最後の夜
 
今日はトレッキング最後の夜。電気の来ていない村なので、キャンドルを明かりにロマンチックな宴が始まった。先ほど村人から仕入れてきた地鶏をコックが料理し、チキンコース。
 
 
照り焼き、から揚げ、砂肝の炒めもの、鳥皮の塩炒め、チキンライスと野菜炒め、バーベキュー、野菜サラダ、漬物など12種類の食事が並んだ。辛口の地酒(昨年の秋収穫された粟を発酵させゆっくりとねかせて作った焼酎)が振舞われ、宴は最高潮に。
 
感動の演出
 
外から音楽が流れてきた。テープやCDからの音では無く、スタッフの生演奏だった。キッチンボーイが横笛を吹き、ポーターが太鼓をたたき、残りのポーターが踊りながら・・・手には特大のケーキを持って入ってきたのである。私も音楽につられて、踊りだしてしまった。
 
 
ケーキがテーブルの前に置かれ、上に NICE trek!AGAIN NEPALと書いてあった。文字を読み、涙がこぼれた。カメラを出してケーキに書かれた文字を撮影し、スタッフに『有り難う』。
参加者の代表者が選出され、ケーキ入刀。同時にシャッターがパシパシと。
 
スタッフからも、私たちも拍手喝采。コックが後ろから出てきて、入刀されたケーキを小さく分け、振舞ってくれた。スタッフへも配られ、一緒に美味しいケーキを頂いた。
 
サポートしてくれた仲間を労う
 
頃合を見計らって、日本人ガイドからスタッフの為のチップについて説明があり、またネパール語で、スタッフに説明をしていた。
出発前に集めたチップを私たちからスタッフに1人ずつ手渡していく。日本から持ってきた衣類も一緒に。
ポーターから始まり、一人ずつ渡していく。次はポーター頭。キッチンボーイ、コック、ガイドと順番に15人のスタッフに配った。

スタッフから感謝の言葉があり、日本人ガイドがそれを私たちに訳してくれた。そして、私たちは順番にトレッキングの感想やお礼の言葉をスタッフに伝えた。

ガイドとコック以外は日本語や英語があまり分からなかった。日本語ガイドは、ネパール語でスタッフへ伝えていた。
私たちは、感動、感謝、ありがとうの気持ちの連続だった。

 
最高潮の宴
 
キッチンボーイが横笛を執ると再び音楽がスタートし、ネパールの有名な曲レッサンピリリーが始まった。 カトマンズ市内やトレッキング中に何度も聞くフレーズ。一緒に歌を歌い、私たちと一緒にスタッフが一緒に踊る宴が9時頃まで続いた。
 
 
楽しい宴も終わり、水筒にお湯を入れてテントへ戻った。川の音、虫の声がとても心地よく耳に残るヒマラヤ最後の夜になった。テントのフライのジッパーを開けて寝るのにちょうど良い気温だった。
 
 
 
初心者におすすめ
 
ゴレパニ村へ9日間で巡るトレッキング
 
6日目は、タダパニ村からシャウリバザールへ下る!

高度が少しずつ下がり、虫の声が!

日本より大きいワラビ採りをしながら・・・

ヒマラヤを仰ぎながら昼食!

川辺のシャウリバザール

一緒に歩いてきた仲間たち

トレッキング最後の夜

 
 
 
 
 
 
 
6日目
 
 
 
 
 
6日目の行程

起床
6:00

ロッジで朝食
7:00

出発
8:00

バイシカルカ到着
8:55

ガンドルン到着
昼食 11:30

ガンドルン出発
  12:50

シャウリバザール着
15:35


夕食(パーティー)
19:00

就寝
21:00

 
DATE

宿泊地: 
シャウリバザール
標高1200m

宿泊形態:
テント泊

食事:
日本の食事

歩行時間:
6時間15分
※休憩時は含めない

高低差:
1300m下降

トイレ:
清潔で良い


 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana