本日ヒマラヤの国ネパールを出国。
ヒマラヤの大自然に抱かれた5日間。
神々しい峰々・澄みきった青い空・満天の星・真っ赤な石楠花
人々の素朴さと逞しさ・人懐っこい笑顔・澄んだ瞳…
全てが私の人生の宝物  明日の朝には日本へ…
 
ネパール出国の朝
 
カトマンズ・ネパールを出発する朝を迎えた。『車の音や自転車の音、お経の音に犬の鳴き声・・・』街の音が聞こえた。
8時の朝食に合わせて、1階のレセプションに集合。どの参加者もさっぱりとした顔と服装で、集まっていた。

食事は用意されており、私たちのテーブルだけが残されていた。他のお客はすでにトレッキングに出かけたとの事で、静かな朝食になった。
今日の朝食も以前同様、あつあつのおかずやパン、100%のジュースなどビュッフェスタイルの朝食。焼きトマトが美味しく、また一つとトレッキング同様沢山いただいてしまった。

貸しきり状態のレストランで、落ち着いた食事をとりながら、日本人ガイドの説明を受けた。 『専用車が11:30分に参りますので、遅くても11:20までにレセプション前に集まってください』 『 重たい荷物は廊下の前においていただければ、ポーターが運びます。

それから飛行機に手荷物つとしてもたれるお荷物の中には決して液体や歯磨き粉、それから女性の方特に、化粧品のクリームや口紅などを入れないで下さい』 と。
『ネパールでは、これらの商品はすべて検査で見つかれば、没収になりますので、ご注意下さい』 と。 『また、お土産を買い忘れた方はご一緒に探しに行きますので、ご安心下さい。それ以外の方は、ゆっくりと時間まで寛いでください。』

 
ショッピング
 
 
買い物に出かけることになり、にぎやかな通りに沿って色々なお土産が売られていた。
どの商品もハンドメイドのものばかり、女性の方には魅力的に見えているようだった。登山店もあり、男性の方は登山品に目が釘づけだった。
 
どんな商品を買っていったら、喜ばれるだろうと考えながら、いろいろと買った。
紅茶や手透き紙で作られた便箋やカレンダー、ヒマラヤのポスター。それ以外にも香辛料や岩塩、ショールなどが人気だった。
 
 
また変わったのお土産として、チリソース、仏画、インスタントラーメンなど。色々なお土産が手ごろな価格で売っていたので、沢山買った。
日本人ガイドがネパール語で値切ってくれるので、現地人価格で買うことができて、簡単にそして安く買えた。
 
時間が迫り、ホテルへ。
日本食レストランの人が、お昼の幕の内弁当を届けてくれ、出発に必要なものは揃った。
 
ホテル出発
 
すべての荷物が一階に揃い、ガイドが個々の部屋の忘れ物を再度確認してから、荷物が専用車に積み込まれた。
部屋の鍵がすべて返却され、ホテルのオーナーが出てきた。そしてフェリベトゥンラ(また会いましょう)とネパール語で挨拶。 ホテルの前で記念撮影をして、出発。
 
 
8日前ネパールに着いたことを思い出しながら、この道を通った、いや違うなどと会話を弾ませながら、愉しく空港までドライブになった。
およそ40分で、国際線の出発ターミナルへ到着。車が到着すると同時にカートを持ったポーターが集まってきた。
 
ここでも1人だけポーターを雇い、荷物をすべて彼に任せて車から降る。
 
名残惜しいネパール
 
ネパール人のスタッフより参加者1人ずつ、カタ『チベット文化でお別れの際に首から書ける白い布』をかけてもらい、旅の安全を祈願してくれた。ここで、スタッフを含めて写真を撮り、ガイドが先頭を歩いて建物中へ。
ポーターも入り口までしか入れないので、それ以降はガイドと男性の参加者が協力して、カートを押した。
 
 
窓越しにスタッフが誰よりも大きく手を振っていた。満面の笑顔で私たちを最後まで見送ってくれていた。私たちもそれに応えて手を振って・・・

 
 
大きい荷物をエックス線にかけ、ボディーチェック。セキュリティー済みの紐をかけてもらい、航空会社の列へ。私たちはベンチで休んでガイドがすべて行ってくれた。
 

次は出国審査。どの列も混んでいるので、ガイドと一緒に通過。ここでも言葉の不安は全く要らなかった。
免税店のあるロビーで休憩。時間は12時45分。

早速日本食レストランで作ってもらった、幕の内弁当を頂いた。
後で分かったのだが、機内食が出るのは14時30分頃になるため、あらかじめ昼食を用意してくれていた。

美味しい幕の内弁当と厚紙で作られたお弁当箱が気に入り、写真を撮る。私たちの食事の様子を見た日本人が、何処でお弁当を売っているのですか?と尋ねる方もいた。

食事が終わり、トイレを済ませ、手荷物検査を受ける列に並んだ。男女別々に身体検査と、警察官立会いの荷物検査があった。
ここの検査では、手荷物をすべて開け、中に化粧品や歯磨き粉、液体などをチェックし、あればすべて没収すること。
ホテルを出発する前にあらかじめ聞いていたので、誰一人と没収されることなく、通過できた。検査終了者には、搭乗券の裏に確認のサインをしてもらった。

アナウンスが入り、待合室から飛行機のタラップまで歩いて向った。途中で再度身体検査を駐機場で行い、階段を登って機内へ。

行きと同様綺麗な機体で、シートもふわふわしていた。
全員が乗り込み、飛行機はゆっくりとバックして駐機場を後に。14時50分離陸した。 ヒマラヤをバックに加速し始め、徐々に機体が浮かんだ。カトマンズの街も小さくなっていき、北側に聳えるヒマラヤも殆ど雲の中。機首は東のバンコクへ向かった。

水平飛行になってから、ドリンクとお菓子が配られ、その後昼食が配られた。
唐辛子の利いたお肉の食事だったが、すでに幕の内でお腹がいっぱい。ドリンクばかりを飲んで、3時間のフライトを楽しんだ。

バンコク到着後、乗り継ぎの為のチェックインを行い、バンコクから関西空港までの搭乗券をもらい、出発までの間、免税店で買い物をしたり、タイマッサージをしたりして過ごした。2時間ほどだったが、息抜きをして日本へ向けて出発。

日本行きのフライトは、殆ど人が乗っていなく、横のシートを倒してゆっくり帰ることができた。

翌朝の朝5時30分関西空港に到着。9日ぶりの日本だった。預けた荷物を受け取った後、一緒に参加した人同士が友達になり、撮影した映像を互いに渡し合うための住所交換をした。
  参加者がお互いに『お疲れ様でした。』 と挨拶を交わし、各々家にヒマラヤトレッキングの思い出と一緒に帰った。

 
サパナではトレッキング中撮影した映像を、帰国後編集し参加者の皆様にお配りしております。参加者の方がトレッキング中に見た山をはじめ、ヒマラヤの文化に触れながらトレッキングを思う存分愉しんでいる様子を映像に収めております。
 
 
 
初心者におすすめ
 
ゴレパニ村へ9日間で巡るトレッキング
 
8日目は、いよいよネパールを出国。思った以上に早く過ぎてしまったトレッキング!

カトマンズの喧騒のなかで目覚め

お土産忘れずに買って空港へ向う

すっかり雲で隠れてしまったヒマラヤ…

南国のバンコクに到着

9日目の朝、日本へ帰国

 
 
 
 
 
 
 
 
 
8日目
 
 
 
8日目の行程

起床
7:00

ホテルで朝食
8:00

自由行動

ホテル集合
11:30

空港到着
12:10

カトマンズ出発
14:30

バンコク 到着
18:45

バンコク 出発
22:10

日本 到着
5:30+1

 
 
 
 
     
     
 
ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ
〒520-0866 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 電話・ファックス:077-534-5469
Thank you for visiting! @copyright 2008 Sapana