ヒマラヤ専門ガイドの浅原です。

(2020年8月15日現在)
コロナウイルスによる世界的蔓延により、ネパール国内へのウイルス感染を最大限に防いでいますが、ネパール政府は自国内の経済活動再開に向けた感染対応に関する方針を発表。

延長延長とされてきたネパール国内の外出禁止令も6月14日で終了し、徐々に経済活動ができるようになりましたが、再び感染者が増加していることにおり、8月31日まで国際線の就航が禁止になると発表。 その他の内容については下記参照ください。

ロックダウン緩和の第一段階として一部の活動が許可されることが決定され、市内では自家用車の運転等ができるようになった。

1 ロックダウン緩和措置第一段階として活動が認められるもの(8月15日現在

・農業,家畜,製造業,建設業,廃棄物処理,銀行業,金融業,保険業,開発活動(NGOの活動含む,)消防隊,電気業,通信業,郵送業,放送業,メディア,発掘,林業,看護,救命,ヘルスケアサービス
政府オフィス,教育機関に関するオフィス,民間会社の活動(但し,2シフト制を敷く必要があり,一度に出勤出来る職員は全職員の内,半数以下)
・薬,食べ物,水,果物,野菜,乳製品,家禽,石油,文房具の販売
・レストランの持ち帰りに限った営業
・隔離のためのホテルの使用,隔離のための車両の使用
私用車の使用(但し,運転手を含め3人までの利用とする,また,使用できる車両はナンバープレートの末の数字が奇数の場合は,ビクラム歴の奇数日,偶数の場合はビクラム歴の偶数日に限る)
バイクの使用(但し,一人乗りに限る,また,使用できる車両はナンバープレートの末の数字が奇数の場合は,ビクラム歴の奇数日,偶数の場合はビクラム歴の偶数日に限る)
歩行者の移動

※なお,私用車及びバイクの使用等,一部の緩和措置は既に実施されているものもある。

2 ロックダウン緩和措置第一段階の対象外となるもの(引き続き,活動が認められないもの)

・教育活動(学校,大学,専門学校,塾)
国際線フライト国内線フライト(8月31日より就航
郡を超えての移動
・指定された地域以外での国境を越えた移動
・25名以上の会議,セミナー,研修,展示会,セレモニー及び集まり,映画館,パーティー会場,ダンスバー,動物園,ナイトクラブ,図書館,博物館,スパ,サロン,美容院,宗教施設,スイミングプール,ジム,ショッピングモール,スポーツアクティビティ
・公共交通機関(バス,テンプー,タクシー等)

 

※ なお、在東京ネパール大使館のホームページに掲載される情報は、ネパール本国で情報がアップされるため、情報掲載がひじょうに遅いとのこと。 最新情報は当大使館(東京)にて確認をお願いします。
当社としても、現地の人脈等を使い最新情報をアップしていきますので、ご参考になさってください。 ご質問等があれば・・・

077-534-5469(ヒマラヤ専門ガイド 浅原)まで

 

当社では2021年春のシーズンのトレッキング実施に向けて対応を行っております。

トレッキングや登山、ネパール国内線の手配等について、こちらよりお問い合わせください。

❖ お問い合わせ ❖