ヒマラヤの奥深い懐でひっそりと暮らす山岳民族の教育を支援するブルーポピー・プロジェクト

この活動を長年にわたって支えてくれる方々に本当に感謝しております。

今回、大津市 北原様によって文房具ならびに、山岳民族の子供たちへの服を預からせていただきました。 本当にどうも有難うございます。 次回ネパールに行く際、子供たちへ手渡してきます。


ブルーポピー・プロジェクトで集まった文房具を配る山岳民族の子供たちは・・・
旅行者向けにロッジ経営する家の子供ではなく、ヒマラヤの厳しい気候の中で農業を行いながら生活を営む家の子供たち。

誰よりも早く起き、暗いうちから畑に出かけ、仕事をはじめる。 家に戻れば兄弟の世話をしながら水汲みを行い、火を起こす。
率先して親の手伝い、急いで朝ご飯を食べて学校へ行く子供たちなど。

山深い場所に点在するヒマラヤ学校。 通う子供たちは、片道山道を1時間以上歩く子供も多い。
そんな環境でも一生懸命勉強する山岳民族の子供を支援し、将来のネパールを背負って立つ若者を育てていきたい。

ヒマラヤトレッキング・登山専門 サパナ