・チベットの民に受けいれられた仏教・

ネパール中央部、7000m~8000mの巨峰が連なるアンナプルナ山域の裏側には、数世紀にわたりチベット仏教を保護してきたムスタン王国が今も当時の面影を残し、ヒマラヤ全土に強い影響を与えてきた。 1999年にはチベット内で迫害を受けた宗教指導者カルマパ17世が、氷点下30度にもなる真冬のチベットからムスタン王国を抜け、ダライラマが暮らすインド・ダラムサラに逃れる事件があった。 ヒマラヤの北側に位置するムスタン王国に絶大な宗教権力があったからカルマパは逃れることができたのだ。

トレイルに落ちている赤茶けた丸い石は神様、アンモナイト

草地の峠の向こうにはダウラギリ山群の主峰、ダウラギリ1峰がはっきりと望める

インドから仏教がチベットに持ち込まれる前、チベットには土着宗教であるボン教が全土に広がり、強い影響力を保持していた。 仏教がチベット全土に急速に広まり、ムスタンやグゲという場所に王国が築かれ、いくつもの歴史が刻まれることに。 チベットの民は仏教に魅了され、元来の宗教ボン教はスタイルを変えながら静かに民の心に。

ムクティナート村から延びるルブラ村へのトレイル このルートを抜けてジョムソンに歩くツーリストは皆無に等しい

激動な時代を経て、ボン教はかつての勢いはさらに弱まり、他宗教と関わることを拒絶していくことになった。

峠を越えた先にひっそりとたたずむルブラの村 畑作と放牧を営む小さな村

アンナプルナ山域の北側に点在する村々も例外ではなかった。 他宗教を信じる人々との交流は少なくなり、いつしか村の存在は人々の記憶から消え、村人すべてがボン教を信仰する唯一の村としてルブラが残ってしまったのだ。

・記憶から消えたルブラ村へ誘う・

ルブラ村へには2つのルートだけが延びている。 聖地ムクティナートからアンモナイトが産出する丘を抜け、ダウラギリ山群の絶景を仰ぎながら訪れるルートを勧める。 村の中心に800年以上の歴史があるゴンパ(寺院)が建立され、初めてこの地を訪れたチベット僧が植えたといわれる巨木がゴンパの傍で今でも力強く生き続けている。 村のご神木として村を守り続けている。

川底からそそり立つ岩壁に残る、海底の化石が数十メートにわったっている

 

河底から50m以上の崖の上に、チベットの僧が瞑想した洞(グファ)が点在する

小さな村だが、迷路の様になった村の外れに至ると、無登頂の峰々が連なるムクティナート・ヒマールから流れ出す河原に出る。 急流によって深い谷を刻む渓谷の壁には、かつて海底だった波跡の化石が十数メートルにわたって見られる。 風化し続けている岩壁をくり抜いた洞窟はチベット僧が修行した名残だ。

チベット僧が修行した場所でゲストも瞑想

何人もの修行僧よって指をなでて彫り上げたチベット文字 触れることでパワーが授かるという

 

・圧巻!アンモナイトの化石層・

歴史あるゴンパ(寺院)の背後の地層には、ヒンズー教では神様として崇められるサリグラム(アンモナイト)が沢山出ている。

樹齢1000年とも言われる大樹 チベット僧によって植えられた樹はこの村の宝そのもの

正確に言えば、アンモナイトが含まれているまん丸の石(ノジュール)でる。 直径30㎝~50㎝ほどのノジュールが地層に無数に埋まっているのが肉眼ではっきり見え、圧巻である。 ルブラの民もサリグラムのことを知っているが、あえてこのノジュールを取り出すようなことはしない。

黒い地層の中から飛び出てくるように見えるアンモナイト(ノジュール)群 あたり一帯アンモナイトで溢れている

800年以上の歴史あるルブラのゴンパ内の仏像

バター灯明の煙でいぶされた黒光りする天井画に描かれたタンカ(仏画)。 ゴンパ内には一級品の芸術が所せましに詰まっている