『ヒューヒュー』と口笛に似た音で山岳の民を怖がらせるイエティー

世界最高峰エベレスト登山で賑わうネパール北東地域、国内線を使えばカトマンズからたった30分ほどの距離。
この地域はクーンブと呼ばれイエティー(雪男)伝説を強く信じる民が今も多く暮らしているところだ。
特に、エベレスト登山で有名なシェルパ族の街ナムチェバザール(3400m)から西のターメ地区、そしてクムジュンやゴーキョ街道にかけての一帯はイエティーの声を実際に聴いたことがある!という民が沢山いるのには驚く。

ナムチェバザールから2日、標高3900mにあるパンボチェ村の中心に位置する寺院には、『イエティーの頭部』と、語り継がれるモノが大切に祀られいる。
また、ターモ村周辺ではイエティーの目撃証言や声など、イエティーについての詳細な情報が特に多い。
イエティーにさらわれて結婚したシェルパの娘の話、イエティーが扉に隠れていた人間に驚いて逃げて行った話など・・・たくさんの話が語り継がれいている。

事の真相は分からなくても、このような話が今も残る場所を歩けることが、エベレスト地域の魅力となっている。

 

・イエティだけではない! ミッティ、チュッティーというモノもいるらしい!・

雪男やビッグフットとして呼ばれ、未だ真相がわからないイエティー。
実はヒマラヤの民の中にはイエティ以外に『ミッティ』と『チュッティー』という仲間がいる!

この地に暮らす民に尋ねると・・・
いろんな情報があることが分かる。彼らの声をまとめると、イエティーと同じヒマラヤに棲む神様であり、時として人間や家畜を襲うとのこと。 常に人の近づけない険しい山の上から民を見下ろし、家畜であるヤクや羊を狙っている。

ヒューヒューという音が聞こえた時、イエティーをはじめチュッティ、ミッティは人間の背後に忍び寄り、かれらと目が合った瞬間・・・ その人間は消えてしまうという。

先日も、ヒマラヤの中で巨大な足跡を発見というニュースが世界を一瞬で駆け巡り、イエティーの存在が話題になったが・・・
シェルパ族の間ではイエティーの足跡は人間の様な形にはならないと誰もが口をそろえる。
何故ならば、イエティーたちの足は甲の部分が地面と接し、つま先が後ろを向いているからである。