8000m峰の裏側で巨大アンモナイト発見!

噂は本当だった! ヒマラヤの奥地に巨大なアンモンナイトがゴロゴロ転がっている場所がある!
ヒマラヤの奥地でサリグラムと呼ばれ、ヒンドゥー教の神様として拝まれていた。

黒い堆積層からたくさんのアンモナイトが!

黒い地層の中に無数に点在するアンモナイト 一つ一つの大きさが30㎝~60cmほど

アンモナイトの化石が出るこの地はかつてテーチス海と呼ばれる海の中だった。 インド大陸とユーラシア大陸の間にあったテーチス海には暖かで様々な生き物が暮らす豊かな海だった。 地球の表面を覆う地殻の1つであるインド大陸がゆっくりと北上し、何百年万年もかけてユーラシア大陸に衝突し続け、海は消え、世界で最も高いヒマラヤ山脈となった。 隆起に伴い、海底の土と一緒にアンモナイト等が8000mを超えるヒマラヤの地層で発見されるのだ。

家の庭先に置かれているアンモナイト 2m近い大きさのため、誰も運ぶことができない。

ゴロゴロと転がるアンモナイトを拾ってきた! 直径30㎝ほどだが重さは25㎏を超える。 ヒマラヤの奥深い高地から大切に運んでくれたスタッフに本当に感謝! さて今度はどうやって日本に運べるか考えなければ・・・

サパナではヒマラヤの神様として拝められるアンモナイトがザクザクと見ることができるトレッキングをご案内できます!

ご興味の方は是非ご連絡ください! 077-534-5469または info@sapanatrek.com